61136zs4sbl

コメント

知念実希人さんの本は死神シリーズでしか読んだことがなかったのですが、あの暖かい感じが好きで今回も読んでみました。
結構大袈裟に伏線はられてるところが好きです笑 私みたいな鈍感者でもいやいやそれって。。って考えられる。巧妙な推理小説だと自分で推理することはまずできませんが、知念さんの本はそれがちょっとできる。そういうところが好きです。
今回、帯の通り最後の20ページまで真相が明かされません。でもその最後に主人公が学ぶことって、私達が生きていく上でも決して忘れてはいけないと思うんです。人の死って本当に悲しくて辛いことですが、それに寄り添う優しさをとても上手に書いている作品だと思います。

知念さんらしい温かみのある作品でした。
第二章からは読み急いでしまう気持ちを押さえて、噛み締めながら読んでむした。

生きた証を残そうと必死な描写に心打たれた。
序盤から伏線が張られていて、一緒に推理していったけどまさかこう繋がるとは思わなかった!!
ミステリー好きで、恋愛小説読んでもどこか物足りなさを感じてた私だけど、ものすごく満足しました。
知念さんの作品の男性主人公を好きになりがちなんだよな笑

最高のミステリー×恋愛でした!!

知念先生らしい衝撃と暖かさのある一冊でした。

生と死は紙一重であり、どちらも儚くて美しいものだなと感じました。
生きてるからこそ喜怒哀楽を感じれるし、
死があるからこそ喜怒哀楽を感じれる。
生きてるうちは気づかないものも、
死が近づくと気づかされるものがあるし、
優しくできなかったのに優しくできたり。

時に死とは怖くて残酷なものかもしれないが、そこに優しく寄り添って抱きしめてくれるような一冊でした。

碓氷先生の感情が激しすぎて研修医としてどうかと思いますが。。。笑。
文書中に秘密の種を見つけるが楽しくて、繋がった時は「ウフフ」と言いつつ読み進めました。病院の人々が嘘っぽ過ぎるのも、読後成る程なぁと納得。でも、前半の事情はもっとゆっくり進んで欲しかったなぁ。
ラブストーリーは其々に、切ないですね。風景がシンクロして切なさが倍増です。
帯が過激すぎて本の足引っ張ってる感じがするのは、私だけですかね?

療養型病院に臨床研修でやって来た碓氷蒼馬と入院患者の「弓狩環」の出会い
それは2人にとって大切な時間だった

病院をも巻き込んだ大掛かりな嘘に気付いたから良かった
もし気付かなかったら あのまま碓氷蒼馬は元の生活に戻って有名な教授のチームに入って 普通の生活を送ってたかもしれない
それが幸せなのかどうかはわからないけど

久しぶりに読み急ぐようにページをめくってしまった。最後のどんでん返しからの話の加速感はすごい。いろいろ伏線が張られてきたのは、わかっていたけど、このように繋がって行くとは思わなかった。

読者

Eac2ac38 0cbb 4294 b89d 9d5cef380ed4C46f6ec1 bfe8 4f7c 9808 a58fb15e4657Ad7e0cee 5d8b 4449 a183 c009cbf7c94c0b2ab76f 2891 42a6 926d 8e73730ccd195ab95e8b 7771 43d1 aaef 02b5193523b12896f4e0 d8e2 41fa 9a38 3678764f954d733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b 44人

知念実希人の本

黒猫の小夜曲

黒猫の小夜曲

07481935 d34a 4f94 8c18 6247d9892169

あかり

2019.6.24読了 優しい死神の飼い方の続編ということで購入、積み本になっていたのを掘り起こしました。 知念さんを好きになった、死神の飼い方の世界観を再び味わえて非常に満足です。レオもばっちし、登場でした。また、会おうにうるっときました。

約2か月前

A9abbf8f 4ed6 443c 8672 c542ce9bd696A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc65668c6225a 9e79 41b5 a470 020dd32fb9ea 18
螺旋の手術室

螺旋の手術室

27975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c41

ya-gu

小説好きな20代会社員です

次々に明かされていく真相に、ページをめくる手が止まらなかった! 最後の真実が分かるシーンは、何とも言えず切なく泣ける··· エピローグで、主人公は母親に何と声を掛けたんやろなー??

3か月前

Bf3dec70 ca43 4c6b 9ea5 06be2abfeeb8Eac2ac38 0cbb 4294 b89d 9d5cef380ed4Icon user placeholder 19
レフトハンド・ブラザーフッド

レフトハンド・ブラザーフッド

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

想像どうりのラストだけれど、分かっていても寂しい。 兄弟の若さゆえの愚かしさ、そして重大な事件に巻き込まれていくギャップ。 事件のバックグランドはとても重いものなのに、稚拙な判断で二転三転する。兄の言動が押し付けがましいのは、意図するものだろうか? チョット分厚いかな。

4か月前

ひとつむぎの手

ひとつむぎの手

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

医者の本分とは何か? コンプレックスや欲得にまみれて足掻いている平良先生が示してくれます。 患者の苦しみ、医者の悩み、医療の限界、そしてミステリー。それらが、バランスよく物語に溶け込んでいます。 平良先生と一緒に、七転八倒した気分になりました。

7か月前

Ca7b5bd3 81fd 4de2 a5f2 a19c195d572bBf74771d fe87 4162 b1ad 3da191288c8d4d992493 bad7 4881 9601 875848105df6 18