Btn appstore Btn googleplay
61136zs4sbl

コメント

知念先生らしい衝撃と暖かさのある一冊でした。

生と死は紙一重であり、どちらも儚くて美しいものだなと感じました。
生きてるからこそ喜怒哀楽を感じれるし、
死があるからこそ喜怒哀楽を感じれる。
生きてるうちは気づかないものも、
死が近づくと気づかされるものがあるし、
優しくできなかったのに優しくできたり。

時に死とは怖くて残酷なものかもしれないが、そこに優しく寄り添って抱きしめてくれるような一冊でした。

その他のコメント

知念実希人さんの本は死神シリーズでしか読んだことがなかったのですが、あの暖かい感じが好きで今回も読んでみました。
結構大袈裟に伏線はられてるところが好きです笑 私みたいな鈍感者でもいやいやそれって。。って考えられる。巧妙な推理小説だと自分で推理することはまずできませんが、知念さんの本はそれがちょっとできる。そういうところが好きです。
今回、帯の通り最後の20ページまで真相が明かされません。でもその最後に主人公が学ぶことって、私達が生きていく上でも決して忘れてはいけないと思うんです。人の死って本当に悲しくて辛いことですが、それに寄り添う優しさをとても上手に書いている作品だと思います。

知念さんらしい温かみのある作品でした。
第二章からは読み急いでしまう気持ちを押さえて、噛み締めながら読んでむした。

生きた証を残そうと必死な描写に心打たれた。
序盤から伏線が張られていて、一緒に推理していったけどまさかこう繋がるとは思わなかった!!
ミステリー好きで、恋愛小説読んでもどこか物足りなさを感じてた私だけど、ものすごく満足しました。
知念さんの作品の男性主人公を好きになりがちなんだよな笑

最高のミステリー×恋愛でした!!

読者

06366088 606b 4aef aa97 2e92c3a2c0a4Aa68e897 d88d 4c4d 9687 10cc7d5318a45af2c87c 0908 42f4 878a 9aad6f4b33f418a729e2 09a7 428c a81d c8c13db9b1b0Icon user placeholder0a7bbab5 a8e7 4e57 a2a1 2a89ad4ac43fEac2ac38 0cbb 4294 b89d 9d5cef380ed4C46f6ec1 bfe8 4f7c 9808 a58fb15e4657 49人

知念実希人の本

ひとつむぎの手

ひとつむぎの手

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

研修医を二人以上入局させれば念願の富士第一病院に出向できる。一流の心臓外科医を目指す平良祐介は、それを条件に三人の研修医の指導を受け持つことになった。思いは空回りし、研修医達との関係がぎくしゃくする中、尊敬する赤石教授の論文の不正を告発した怪文書が病院内に出回ってしまう・・・という話。 主人公の平良祐介は、必ずしも善良なだけの医師ではない。下心や、ライバル医師への嫉妬と、読んでいて嫌になる感情も描かれている。でも根底にあるのは人の命を救いたいという純粋な気持ちで、それが彼の最大の魅力。三人の研修医との間にそれぞれドラマがあり、それを通じて平良の良さが理解されていくところが面白かった。特にエピローグは本当に感動的。彼の「それから」を読みたくなる、良い話だった。これから医師になろうとする人にはぜひ読んで欲しい一冊。

5か月前

Icon user placeholderCa7b5bd3 81fd 4de2 a5f2 a19c195d572bBf74771d fe87 4162 b1ad 3da191288c8d 19
黒猫の小夜曲

黒猫の小夜曲

07481935 d34a 4f94 8c18 6247d9892169

あかり

2019.6.24読了 優しい死神の飼い方の続編ということで購入、積み本になっていたのを掘り起こしました。 知念さんを好きになった、死神の飼い方の世界観を再び味わえて非常に満足です。レオもばっちし、登場でした。また、会おうにうるっときました。

約1年前

71306b46 b12e 4bbb b8e6 a251ea3fdfb3888aa5d8 8d0b 47c7 b22f f1e60355c78e9440ca99 c408 41f9 8f6c 6585664366ae 23