61136zs4sbl

コメント

知念先生らしい衝撃と暖かさのある一冊でした。

生と死は紙一重であり、どちらも儚くて美しいものだなと感じました。
生きてるからこそ喜怒哀楽を感じれるし、
死があるからこそ喜怒哀楽を感じれる。
生きてるうちは気づかないものも、
死が近づくと気づかされるものがあるし、
優しくできなかったのに優しくできたり。

時に死とは怖くて残酷なものかもしれないが、そこに優しく寄り添って抱きしめてくれるような一冊でした。

その他のコメント

知念実希人さんの本は死神シリーズでしか読んだことがなかったのですが、あの暖かい感じが好きで今回も読んでみました。
結構大袈裟に伏線はられてるところが好きです笑 私みたいな鈍感者でもいやいやそれって。。って考えられる。巧妙な推理小説だと自分で推理することはまずできませんが、知念さんの本はそれがちょっとできる。そういうところが好きです。
今回、帯の通り最後の20ページまで真相が明かされません。でもその最後に主人公が学ぶことって、私達が生きていく上でも決して忘れてはいけないと思うんです。人の死って本当に悲しくて辛いことですが、それに寄り添う優しさをとても上手に書いている作品だと思います。

知念さんらしい温かみのある作品でした。
第二章からは読み急いでしまう気持ちを押さえて、噛み締めながら読んでむした。

生きた証を残そうと必死な描写に心打たれた。
序盤から伏線が張られていて、一緒に推理していったけどまさかこう繋がるとは思わなかった!!
ミステリー好きで、恋愛小説読んでもどこか物足りなさを感じてた私だけど、ものすごく満足しました。
知念さんの作品の男性主人公を好きになりがちなんだよな笑

最高のミステリー×恋愛でした!!

読者

5ab95e8b 7771 43d1 aaef 02b5193523b12896f4e0 d8e2 41fa 9a38 3678764f954d733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302bCd4d46a0 c143 46fe 9506 18b525403d3dBda1741c f392 4bc0 8d28 e1e8336ba5d3E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec17f511b9 fa01 46a2 b3cd f360639699d8 41人

知念実希人の本

レフトハンド・ブラザーフッド

レフトハンド・ブラザーフッド

33cbe8d7 95fc 4d11 88e7 16c77b4f26a6

かわ

初めまして!|'-')

兄弟愛に感動する作品。 主人公の若さゆえの考えや行動、心情が 細かく書いてあり、まるで自分が主人公のようにドキドキしたりハラハラする。 また読んでいる情景が頭の中で鮮明に浮かび上がるので、 最後まで楽しく読むことができるとても良い作品だった。

7日前

ひとつむぎの手

ひとつむぎの手

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

医者の本分とは何か? コンプレックスや欲得にまみれて足掻いている平良先生が示してくれます。 患者の苦しみ、医者の悩み、医療の限界、そしてミステリー。それらが、バランスよく物語に溶け込んでいます。 平良先生と一緒に、七転八倒した気分になりました。

約2か月前

4d992493 bad7 4881 9601 875848105df680d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a5ab95e8b 7771 43d1 aaef 02b5193523b1 17
祈りのカルテ

祈りのカルテ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

医療モノですが、ミステリアスな謎は医療とは少し違うところで患者と関わっています。患者は嘘をつく。。。 観察力と閃きで諏訪野先生は、患者の心の中を読み解きます。

9か月前

C7f3c31d 91cb 4578 993b a4c9b9d0fc617cb2fe22 6663 4f08 8097 a42776633299