51rzntkn97l

建築や構造物は人間が造りあげた以上、それは生命体と同様ついには死にいたる。ピラミッド、ローマの水道橋、ピサの斜塔やヨーロッパの教会堂、出雲大社や羅城門から... 続き

コメント

古今東西の崩壊した建物、その壊れっぷり、原因、構造の解説、伝承、などなど。こんな面白い本が十年前に出ていたとは、知らなかった。石を積んだだけのゴシックの教会なんて、よく崩壊しないなと思ってたら、本当はたくさん崩壊していたらしい。これから入るのかちょっと怖い(笑)。

読者

9911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db20087d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d79bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a923985641cee6f88 604b 4615 a254 0ba7ea68165d 4人

アート

初学者のための都市工学入門

初学者のための都市工学入門

B5708f76 217c 4c9c abb1 152f384dbb8b

14/8/2019

都市計画に携わりたいと思い、デベロッパーに就職したものの、体系的な知識を学ぶ機会が業務上において一切ないと思い購入。 初学者には良い一冊だと思われます。

3日前

うろんな客

うろんな客

41d7de49 f808 45b4 8d23 529bc0481280

にしうら|出版TIMES

本をプロデュースする人

訳者の柴田元幸 氏があとがきに書かれた「<うろんな客>とは誰か」を読んではじめて「あ、子どものこと!?」と理解した体たらくですが、エドワード・ゴーリーの本の中では消化しやすい方かと。 面白かった。

8日前

2431e89a 3f32 4955 bd04 75f9d814504eA753de47 6c6b 4ad8 811f 5ebffadabf65036c90e7 3a9e 46e4 83af a2cdfb73eb51 8