51ev7kephul

コメント

1932年に雑誌で中里龍雄が投げかけた「もぐらの嫁さがし」についての問いに熊楠が応答。収められた書物によってそこから導き出す意義の取り方(天の定めた分際を越えるなとか)が異なる民話であることを指摘。その後赤松が特殊部落史を引用しつつ、階級社会を維持するために支配階級が輸入し広めた民話であり、昔ばなしとはそうした性格のものだと続けるあたり、圧巻です。こういう流れ、後からそれぞれの著書で部分的に読んでもわかりにくいんですよね。やりとりを全て収録してくれてるおかげで、当時の誌面に展開された議論を堪能できました。

読者

C3b90b43 f5ee 4878 bd37 ec86568af912F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

社会

社会は変えられる: 世界が憧れる日本へ

社会は変えられる: 世界が憧れる日本へ

7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5

やどかり

復活

現役官僚が書いたこれまでの改革のプロセスと、超高齢社会の処方箋。 とても関心するが、関心ばかりしてられない。自分も享受する側だけでなく一緒に、歳をとることを楽しめる社会を作る側にもなりたい。

4日前

「鬼畜」の家:わが子を殺す親たち

「鬼畜」の家:わが子を殺す親たち

79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd

kuwa

小学生を相手に、日々働いています…

石井光太さんのルポは、見つけたら必ず読んじゃう。これはずっと読みたかったやつ。 仕事柄色々な親を見るけど、一貫して言えることは生物学的な愛情は必ずあるということ。 そこに生活力や育児能力が複雑に絡み合うから、子供の問題行動は親に起因するところも少なくないということ。 虐待も同じように考えるべきで、多面的に見ないと全体像が見えないという点が共感できた。 まぁでも普通はここまでにならないわな…まさに鬼畜…と思える話ばかり。詳細な描写には背筋が寒くなった。我が子に手をあげるなんて、やっぱり信じられない。

4日前

A3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb06Fe56dab0 e3f0 40e8 9a38 d158d3fa4d7b6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c
子どもは「この場所」で襲われる

子どもは「この場所」で襲われる

79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd

kuwa

小学生を相手に、日々働いています…

関係者から講演を聞いて、内容を忘れないうちに読んだ1冊。 「犯罪機会論」と「犯罪原因論」を考え分けることが、少しできるようになった気がする。 犯罪とは無縁ではないことを自覚して、地域を歩いてみようと思わせられた。時々強引なところもあったかな…

5日前

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a70c5f0435 8852 4ed7 be9a 27f721c6fad7B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5