41z8xioyjal

1 市場原理のダイナミズムとアメリカ医療制度 2 アメリカの大学病院倒産物語 3 医療株式会社倒産物語 4 医療経済の考え方 5 アメリカ式医療経営法入門...
続き

コメント

少し前までだが、アメリカの医療制度の歴史が分かる本。
実際にアメリカの大学病院で働いた著者の経験に裏打ちされているだけでなく、文章が上手くて面白い。

読めば読むほど、中々にアメリカの医療制度が日本人からするとビックリすることばかり。
例えば、自らが契約する保険会社が認めた病院じゃないと、診てもらえなかったり。
医者も安い保険契約をしている患者は診察を断ったり。
新入社員募集をかける際に、企業が契約している保険会社で福利厚生を必ずアピールしたり。
マイケル・ムーアがシッコという映画で揶揄していたアメリカ医療のヤバさが伝わってくる。

ただ、著者はアメリカの医療制度に肯定派。
たしかに市場原理はもっと導入して、医療費は安くできる部分があるはずというのはご指摘の通り。

正直意表を突かれて面白かった。

読者

C42d6697 e1a1 432b 9292 c6b9c7119ea2

ビジネス

無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法

無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法

77d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a4

GTR

よろしくお願いします

出版された当時はブームを起こしたらしい。 企業経営的な改善方式とか、効果測定などの方程式を、個人の時間活用に応用した内容が画期的だったんだろう。 「脱毛は時間の投資効率が良い」とか、 「毎回ビューラーでまつ毛を上げる手間よりもまつ毛パーマをすすめる」とか、 行動する内容は女性らしい。 でも、発想は「流石はコンサルタント」というか当時の常識なら「男のビジネスマンが書きそうな内容」だったので、そのギャップが読者に受けたのかも。 「時間を投資する」という観点は、スケジュールをせせこましく使うことを勧める平凡な「時間節約」に比べたら、それこそ10倍は価値がある。

約13時間前

働く大人のための「学び」の教科書

働く大人のための「学び」の教科書

179b712e f78b 4ed1 b907 50377d03f726

ppoolloo

専らビジネス中心 買って満足しが…

とにかく「行動してなんぼ」。 とはいえ何からやったらいいかわからないときは、“楽しみを感じる”ד人に感謝される”ことからやってみる。

3日前