41z8xioyjal

1 市場原理のダイナミズムとアメリカ医療制度 2 アメリカの大学病院倒産物語 3 医療株式会社倒産物語 4 医療経済の考え方 5 アメリカ式医療経営法入門...
続き

コメント

少し前までだが、アメリカの医療制度の歴史が分かる本。
実際にアメリカの大学病院で働いた著者の経験に裏打ちされているだけでなく、文章が上手くて面白い。

読めば読むほど、中々にアメリカの医療制度が日本人からするとビックリすることばかり。
例えば、自らが契約する保険会社が認めた病院じゃないと、診てもらえなかったり。
医者も安い保険契約をしている患者は診察を断ったり。
新入社員募集をかける際に、企業が契約している保険会社で福利厚生を必ずアピールしたり。
マイケル・ムーアがシッコという映画で揶揄していたアメリカ医療のヤバさが伝わってくる。

ただ、著者はアメリカの医療制度に肯定派。
たしかに市場原理はもっと導入して、医療費は安くできる部分があるはずというのはご指摘の通り。

正直意表を突かれて面白かった。

読者

C42d6697 e1a1 432b 9292 c6b9c7119ea2

ビジネス

最強の教養 不確実性超入門

最強の教養 不確実性超入門

7c07e33c 1af7 43ef bc1e a8622d8bb77a

ヒロッキー

読むのは遅いが本は好き❗

非常に面白い。ラプラスの悪魔は理論上も絶対に実現不可能なようだ。シュレイディンガーのネコを考慮すると、素粒子の次の状態は確率に支配されている。 だから、どんなに科学が進歩しても正確な未来予測は不可能らしい。つまり、現実世界では予測より対処の方が重要と言える。 「小さな失敗は許容し、傷口が広がるのを防ぎつつ次のチャンスに備える」と言うのが合理的な結論だと著者はいう。

1日前

最強の思考法 「抽象化する力」の講義

最強の思考法 「抽象化する力」の講義

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca

Taraco-Sell-たらこせる

nigata-saitama,m…

奇しくも仕事で出かけた慶應義塾生協で見つけた書籍。読む本渋滞で一旦図書館に返すことになったが無事読了。自分はパンキョーの時代のあった大学時代を送り、そしてマル経の、と言われる大学の経済学部を出たわけだが、バブル期を迎えたなかに18世紀の叡智を移植する、というやり方以外のアプローチが存在することを思うと、学びの道は疑うココロなのだなと思う。実はSNSのコミュニケーションはリアルタイムであっても文字でやるコミュニケーションのため、「説得が説得として機能しない」ばかりか、繰り返しのめんどくさいものに見えたりなんだり。自分の中の抽象化力、修辞力を見直す一冊。

2日前

Icon user placeholderE8c3417c 6b82 4689 b9e4 fa0ecab6162eIcon user placeholder