Btn appstore Btn googleplay
9784167913649

希望が死んだ夜みたいに真っ暗なこの国で――面白い作家が、凄い作家になる瞬間がある。本書を読んだとき、天祢涼は凄い作家になったと、感嘆した。――細谷正充(文... 続き

コメント

本屋さんで出会い、そのまま購入。
社会をあらわす、旬な作品だなと思いました。
どの年齢層が読んでも、心当たりがあるかもしれない。
読んだ後、自分はどうなのか?
隣にいる誰かは、どうなのか。
また、もう一度読みたくなると思います。

読者

A0e34a18 347e 486a 8e43 4dde98c27f19Dfef7516 1e74 450e be73 a1a3de27c93eF3aec797 3a68 4c8c ba6e c66c7e49ddd1Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e694e7593 630b 4d65 998e 5e75fcb3509aD3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0 7人

天祢涼の本

希望が死んだ夜に

希望が死んだ夜に

86bbc20f c5ee 4cab 8b11 3bc7cfdf22d2

らいず

ただ単に読むのが好きなので、評論…

最後は切ない終わり方だけど、少し話ができすぎてる感じはあった。 全体としてはまとまっているし、すんなり入ってくるストーリーは重い殺人小説を読んだあとの箸休め的な感じ。 ただ「死」への動機付けが少し甘い

約1年前

Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e9Bcc94ef8 73a5 4f7c 94a8 b4ad5f30332bIcon user placeholder 12