51dwcbzc7jl

保護ねこ7匹と暮らす出版コンサルタントが書いた初の「ねこ啓発」書! 続き

コメント

おおげさな!と思うところもあるけど、それも猫愛。
本の出版に関わってきた人なだけあって、タイトルが上手い。これは手に取る人が多いと思う。

終盤は、猫をペットショップからではなく保護団体から迎え入れてほしい旨が書かれていて、大変共感できた。

2019.1-2

その他のコメント

読者

C9fcca22 941a 4e45 ba8f 71d26d6500df6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c7c3cb58c 36cf 4a05 8a24 68f4c0eefa14805fc547 4364 4efc bf31 cca6445fe17a009221a8 ad9d 4775 848b b40023d2c491E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab679886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00c 7人

暮らし

新版 パレオダイエットの教科書

新版 パレオダイエットの教科書

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

やっぱりダイエットは運動と食事だよな! 具体的にどのような運動や食事をすれば良いのかアドバイスをくれ、手順も教えてくれる。 とても読みやすい本。 無理をしないことが大事なのだと本の中で繰り返し伝えてくれる内容が交換を持てる。 テーブルにでも置いておくと、必要以上に食べすぎない為のモチベーションを保つ為の御守りにもなるのかもしれない。

8日前

野菜から始めるやさしいフレンチ離乳食

野菜から始めるやさしいフレンチ離乳食

B22f4cf2 c68f 4a1e 887b cd351b7dcbd9

かき揚げ

第1子育休中

おいしいごはんは絶対に食べてくれる。少しの手間を惜しまず作る料理がおいしい。 五感で感じる料理の感動経験で3歳までに感性を磨く。作るときの音、匂い、色、味を、毎日の離乳食で体験させる。 食べてくれなくても素材のせいにしない。固さや味付け、アクの残り方が原因かも。 ◎固さ・油脂分・糖分に気をつける フルーツも注意。野菜本来の甘さを引き出す。 ◎塩がない代わりに野菜出汁やハーブ、香味野菜で香りを出しておいしくする。玉ねぎの甘さなど利用する。 ◎野菜の苦味・えぐ味をアク抜きしてあげることでどんな野菜も美味しく食べてくれる。アク抜きの方法は、塩水3%で茹でたあと、氷水につけて(30分程)塩を抜く。 それでも取れない臭みは、茹で汁にタイムやオリーブオイルを入れて、あとで取り除く。 →ピューレに そのほか茹で汁にニンニクを入れて香りをつける。ニンニクも取り除く。 ◉おいしい「方法」とはレシピでなく、肉や魚に火を入れるタイミング、塩を振るタイミングなどのこと。それらを繰り返して習得すること。 ◉肉・魚を焼くときは最初の温度が大事。焼こうと思ってから2分待ってみる。同じ鍋で野菜を焼くと野菜の香りが肉に移って相乗効果でおいしくなる。

14日前