51qjgbhsszl

3年ぶりに哲人を訪ねた青年が語る衝撃の告白。それは「アドラーを捨てるべきか否か」という苦悩だった。アドラー心理学は机上の空論だとする彼に「貴方はアドラーを... 続き

コメント

「われわれは、ひとりで成し遂げる課題、あるいは20人で成し遂げる仕事については、教育を受けている。しかし、ふたりで成し遂げる課題については、教育を受けていない。」
この文章、ぞくぞくしました。

その他のコメント

前著の嫌われる勇気はここ5年に出版された中でも、古典になりうる名著じゃないかと感じた(売り上げも含めて)。

前作と同様、今回は仕事に悩む青年と哲人の対話で語られるアドラーは、内容がより実践具体化されていて、実生活に重ねて読める所が多い印象。

そしてこーゆー対話形式の本って批判的な読書を一冊で完結させてるようなものなのだな、と改めて思った。

内容はいわゆるアメリカ系自己啓発のエッセンス(パラダイム転換とか、他者への尊重とか)と、フロムの社会心理学が混ざったようなイメージだけど、実際はアドラーの方がずっと前の人なので、本にもある通り源流はこれなのかしら。

最後にやはり古賀さんの文章が上手い。脱帽です。

読者

5e3a733c dc2e 4da1 acee b4090f6b569d89126c36 52bc 4597 b8f1 3c6735e7caf96b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81cccB307e392 1cca 43a1 919e 4f40d8e1fecb5f11b3f1 cd69 48a0 9140 da14dccbc27eB3bc024c 3e45 4d54 8184 d0b5f9e1ef8eD0397335 1ef4 4b9b 829b cf9510e0785b4837be13 7ae2 42fb aa72 253e4a8e442c 62人

岸見一郎の本