51sruakw%2bhl

その庭は、荒れほうだいの庭だった。その庭が、心をこめて手入れをされると…遠くから、不思議に清々しい風がわたってきた。それは、幸子の心の中にも、さわやかに吹... 続き

コメント

何となく学校に行けなくなった幸子は、植木職人の手により丁寧に且つ劇的に再生されてゆく庭に、活力と希望を得る話。

何気ない時間が、とても貴重で特別なものに感じられるお得でステキな本。

読者

D50f2539 ebd5 4e29 9864 d294f89a05e9

新刊

湯神くんには友達がいない(15)

湯神くんには友達がいない(15)

247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

HR

マンガ好きです。

湯神くん、一人暮らしをかけての甲子園出場、その結果はいかに…⁉︎ 高校生活もラストスパートで、文化祭楽しんだり、進路を考えたり、後輩の心配をしたり。 何気に湯神くんもちひろちゃんも成長していますね。 湯神くんはマイペースで皆に理解されないことの方が多いけど、いつだって自分に正直で、そういうところは少し羨ましいです。 ちひろちゃんが言ってた、「空気を読め=都合の良い人間になれ」という言葉、考えさせられますね。 ラストの急展開を経て、そして16巻で遂に完結を迎えるらしい。 湯神くんはどんな姿を最後に見せてくれるのか? 楽しみです。

約4時間前