51295hgf71l

コメント

ワイルドの波乱の人生と重なる。今彼の魂は王子のように引き上げられただろうか。

一番好きなのは二話目のナイチンゲールの話。幸福な王子と似た物語かと思いきやとんでもない結末。でも途中までは毎回感動してしまう。これが現実か。

わがままな大男の話も好き。よくある、子供や弱者に化けたキリストの逸話だが、宗教問わず教訓的に読める。見た目で判断して適当な扱いをすべきでない、という訓示。

その他のコメント

童話なのに報われない話が多い。好き。

最初読み始めた時は童話にしては辛い話だ…説教くさくもあるし…と思って読むのやめようかとも思ったんだが、後半の四編は楽しめた。前半5編は第一童話集『幸福な王子そのほか』、後半4編は第二童話集『ざくろの家』。前半の方が有名なのだろうが、個人的には後半から楽しめた。どれをとっても好みが大きく別れる童話だと思う。

読者

E7245062 a26c 4832 b620 d50414471cddC0d39821 ba4e 4cc3 8d5e 580329cfb29603486de8 1224 4e94 8395 860f495c8f231c1c2eed ad80 4d0d a6a6 88f25caa11a0Icon user placeholderE034a2e8 2cef 4b01 87f7 57c5b80f7260Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b693f3def c09b 44c5 a99c cc17f4601004 15人

オスカー・ワイルドの本

獄中記

獄中記

7e709330 4586 4446 bc44 b796485cb87e

szm

Szm

クリスチャンの家に生まれながらも、快楽の限りを尽くし、挙句投獄され全てを失ったワイルド。憐れまずにはおれない。 もう少し生きて、人間の生き方について本音を書いて欲しかった。童話でもなく、自己弁護の書簡でもない、淵の底を越えた人として。

2年前

6c772498 aab4 4be7 afbe 7e36776d801bC00a5b6d 82b6 4a25 8807 f4e4043cb59e
幸福の王子

幸福の王子

4758095e fc68 41d5 85f2 689a6cef68b0

kopechin

文房具と絵本集め。

もっと自分の事も考えてよ!って、優しい気持ちに胸打たれる本です。

2年前

サロメ

サロメ

4f0c1db2 02ee 4bf4 b103 14eb1cdcd6f0

めぐ

生身の人間ときちんと向き合えない…

すごい。ひたすら、感嘆。この短さ(なんと本編は80ページ程で、あとはひたすらあとがきや解説)で、ここまでの衝撃。自身は清らかなのに周囲を翻弄せずにはいられない、サロメの生まれもったファム・ファタール性が悲しい。

約4年前