Btn appstore Btn googleplay
4160wbynp9l

ハルオと立人と私。恋人でもなく家族でもない三人が始めた共同生活。この生活の唯一の禁止事項は「同居人同士の不純異性行為」-本当の家族が壊れてしまった私にとっ... 続き

コメント

角田光代さんのデビュー作らしいのだけれど、私に理解力がないせいか、結末に納得がいかないです。このまま終わっていいのか、本当に終わりなのか。もやもや。どうすれば腑に落ちるのか教えて欲しいです。

ただ表紙はとても好きです。

その他のコメント

暖かい場所にずっと身を委ねることは出来ないんだ。

その人なりに、幸せを探し続け、求め続けてる様が少し可哀想に思えるけど。
彼女たちは純粋に求め方が分からないんだ。

人間背景の描写が雑で2編目のおばあちゃんの登場した意味も、想いも、なんだったのだろうか?と思うところもありつつ。

読者

D7f82aff 40b8 4edd befd 9f95dda77deb4916be49 74bf 4e25 9f77 54bb653d97dd3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3aPictureAe646a14 9683 469d b05a 35ea28a58d77015dce07 cf3e 4648 a2ea 9129980e6554D6661d5b 71e3 4b8d 9228 5c9764dde519 7人

角田光代の本

八日目の蝉

八日目の蝉

3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3a

ilorina

40歳デザイナー

ダメだ今読んじゃ。キッつい。キツ過ぎて辛い、新型コロナとかで先行き不安なのになんでこのタイミングで再読した自分。 子持ちとしては子供と離れ離れになる•••!あああキッつ!キッつうぅぅぅぅ! 主人公(誘拐犯)に肩入れしちゃうのはもちろん、誘拐された薫との親子暮らしにトキメキとカウントダウンを感じながらページを繰る手が止まらなかった。 1章でハラハラするも良し2章で僅かな救いを求めるも良し。本作は激動の1章が印象的なんだけど、再読して2章で多少救われました。いやキッついんだけども。

3か月前

537111c7 e737 4a8b 89c0 bb5132cef228C715a1c6 849c 4247 b7a3 64506fe5548374f3c7c2 627a 4c2e 9081 ab68e139c4bc 19