51bst1xwhzl

ルーアンの新聞に「日曜語録」として連載されたのを皮切りに、総計5000に上るアランの「プロポ」(哲学断章)。「哲学を文学に、文学を哲学に」変えようとするこ... 続き

コメント

アラン自身が歩きながら読者に語りかけてくれるようなリズミカルで短い文章。その一つひとつの言葉に、アランの鋭い観察力と生きることへの意志が詰め込まれています。

人生の岐路に立たされた時、手に取った一冊。行き先、目的それら全てを決めた理由は、この言葉に集約されている。「雨の日こそ、いい顔で。」

(岩波文庫 317頁)

オプティミズム(楽観主義)とは こう言う事なのだろうと思う。彼(アラン)の喋っている事は非常に感覚的な話で、根底に宗教や思想や哲学があるようには見えない。彼の言葉の根底にあるものは、ただ「生活」のみである。よってこの本は “生きている”。個人的見解としては、哲学書や自己啓発本などは、どれもだいたい “死んでいる” 。「これを用いて あなたはどう生きるか?」という感じ。しかし今作は違う。「こうすれば幸せになれるから、やってみなよ!」という何とも直接的で、そして生き生きとした少年のような面白さがある。

憂鬱な気分を変える、
自分の大好きな音楽のような。
自分の大好きな香りのような。
自分の大好きな時間のような。
そんな力をこの本は持つ。

人生を背負えるほどの力はない。
しかし、日々の生活を幸福にする力はある。

読者

Adb68917 43d5 4a73 aea5 607ea09a9041640c4f2a 6148 4eab 8cdb 0eaeb75961665f53d24a f95e 4fb8 9f27 19ffaccefd4f05d8182e 87bc 48b6 a94a 50615cb7dd38Icon user placeholderFdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35deF323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cd36a42025 db7b 4ef9 bc58 f48d8104feae 12人

アランの本

幸福論

幸福論

D55bfca6 37cf 4e54 830a 5661d051096d

Naoki Takahashi

出版社で営業してますすす

アランの幸福論はこれが一番いい。高いけど。 他の文庫の旧訳は一文が長すぎて読みづらい。比べてこれは意訳が多いのかも知れないけれど、すっと入ってくるのでサクサク読める。 内容は言わずもがな素晴らしい。 肩肘張らず、あくびをしつつ、脱力系なのに背筋の伸びるページが多い。 特に好きなのは、旅の項。 詳細を見ろと。1メートルか2メートルしか進まない旅、いいな。

2年前

527e31f9 dda0 482d 81d7 72bc4ffc538dD449e486 2a7c 45b5 9b58 44b1be59095e74152db9 0bae 4b7b b9f5 1e89f1f42b48