61xirhp41%2bl

幸福はどこにあるのか? 幸福の小さなきらめきを静かにつむぐ。 『詩集 見えない涙』につづく待望の第二詩集。 忙しすぎては いけない 大切な人に... 続き

コメント

2018年68冊目。しあわせが定義できなくてよかった。 / 20180412

読者

805fc547 4364 4efc bf31 cca6445fe17a014253d4 6080 4951 9119 24735184a69638aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a2140f66a27 01a4 4b46 9365 4295a2f1660926ae8bfe 9445 4c9f a901 574e4fb3ccae 5人

若松英輔の本

見えない涙

見えない涙

40f66a27 01a4 4b46 9365 4295a2f16609

ほんのむし

2018年48冊目。わたしはまだ泣くことを忘れるほど大人になっていないけど、すごくすごく、心に響く言葉でいっぱいでした。 / 20180317

4か月前

E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab6726ae8bfe 9445 4c9f a901 574e4fb3ccaeDd548d8f c917 49f3 a410 cb90c178b62a
緋の舟

緋の舟

40692f14 db90 4722 b123 baec2b638402

えこ

工学系院生

価値のある文章のやりとり。いつか若松英輔による志村ふくみ論を読みたい。この本自体、細部まで美しく行き届いています。

1年前

生きていくうえで、かけがえのないこと

生きていくうえで、かけがえのないこと

40692f14 db90 4722 b123 baec2b638402

えこ

工学系院生

冒頭で吉村さんが述べている通り、若松さんの言葉は一つ一つ本当に深いところから発せられている。読んでいて、頭を越えて内臓の方まで染み込んでくるような気がする。ボリュームが膨大なわけではないけれど、様々な言葉の引用と選び抜かれた言葉使いによって、人生観を揺さぶられる。

約2年前

A73e8a20 ae9e 405e 875d edefb8a38a6a6ab825bd 2ac5 4f41 8adc 26db31111975