5169wkcqfil

背中をバシッと叩いて導いてくれる、アッコさん節、次々とサク裂!妙に冷めている男性新入社員に、忘年会プロデュースの極意を…(「幹事のアッコちゃん」)。敵意を... 続き

コメント

2日で読了。アッコちゃんシリーズはサクサクいける。そして気軽に読める。柚木さんの作品はずっしりとした重いのものが好みだが、それでも柚木さんの本は新刊出た途端買ってしまう。そしてすぐ読みたくなってしまう。

その他のコメント

2019/2/21読了
シリーズ三作目。四篇の短編全部にアッコさんががっつり出てくる贅沢さ。
「ランチのアッコちゃん」から続く、アッコさんと〝永遠の部下〟三智子のコンビが特に好きなので、メインではない登場の仕方であっても、四篇全てに三智子も出てくるのが地味に嬉しい。
そして、いつもながら出てくる食べ物がどれもこれも割と普通のメニューなんだけど、間違いなく美味しそうと思わされる描写がすごい。ポテトサラダとかおかゆとか自家製の梅干しとか焼きそばとか。
誰もが思い浮かべやすい一般的なメニューなのに、アッコさんが選んで届ける料理は、どれも特別美味しそうなんだよなー。

読者

Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184F1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e51D50f2539 ebd5 4e29 9864 d294f89a05e980d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a5a067eed dd41 4cee 906b c13c7737a6d22a7b10e5 10ef 4150 b84e c37652fb59ddF3ac2af5 448d 4483 a66b e6eb57bc21066321cd00 979a 497f b8a4 279b41ab0321 14人

柚木麻子の本

伊藤くんA to E

伊藤くんA to E

8d62f510 4f49 4a54 84bc 37979dc2c35c

T_K_D

下手の横好き。酒好き。

ここ何年かずっと、主にノンフィクションばかり読んでたのだけど、この作品がまた、優れたフィクションはリアルを超えるリアリティを持っていることを思い出させてくれた。

2か月前

Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac03db1d33 cc40 4621 92ad b7dd196c52bb 50
ナイルパーチの女子会

ナイルパーチの女子会

454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90

march

読んだ本の記録。

文庫化を待ち望んでいたので見つけてすぐゲットしました。ちょっと読むつもりが展開が気になって気になって仕方がなく、のめり込むように読んでいました。 心を抉られる場面が沢山ありすぎて書ききれませんが、個人的には栄利子がガラスに映る自分の姿を見つけたところでサアッと血の気が引きました。これまでのシーンを思い返すと全てが違って見え、より恐ろしくなるような衝撃でした。。 栄利子も翔子も求めるものの終着点は同じ。言葉にできない自尊心や疎外感や社会カーストを全て栄利子や翔子が発する言葉、行動で示していて突き刺さりました。本物の衝撃作です。柚木麻子、他作品も読んでみよう。

約1年前

6538c91d a89b 48ad a866 c8fecc9b3607Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bF1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e51 48
さらさら流る

さらさら流る

5a067eed dd41 4cee 906b c13c7737a6d2

yukimizuirosuki

じっくり選んでどっぷり読みます

後で一人思い返す宝石のような夜が誰にでもあると思う。そんなかけがえない夜を覆うような染みが突然拡がっていって窒息しそうになりながらも捨てることもできない。 自分もちょうど主人公達と同じ年で生きてる時代もぴったり当てはまり好きな作家の作品でそれが描かれて嬉しく思う。年齢の焦燥感は感じず、どこまでも広がっていく可能性を感じた。 どうにも偽れなくなって沈めていた本当の自分で人と向き合っていく事が一番怖い現実だし、進むべき現実だと思った。

1年前

D46f6615 a04d 44c0 9ee1 e22aa60894efF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184 21