51mvtbuxdzl

「「少年だよ」雄二はそう返事すると、古川君の肩へ手をかけ、二人は肩に手を組みあわせて歩いた。雨で洗われた礫の路が白く光ってつづいている。遠い世界のはてまで... 続き

コメント

古本屋さんで二つ装丁違いで並んでてこちらを購入。
「いいですよ」と信頼してる店主さんの言葉付き。
読みはじめてすぐに、「いいです」を感じる情景が浮かぶ様な文章です。

その他のコメント

幼き記憶が丁寧な描写で蘇ります。美しい、詩のような文体。

読者

7d0aadd2 a95e 4663 a46e 3453c4b3402a8e410532 95ba 41bb 9afd 9b57a614ae7e3a22042c 4cc3 4067 a0ee d898a900b992565087b5 d3fb 404c 85d7 b767a6b1f378Efb55701 9823 4955 9628 b09635b10d9f 5人

原民喜の本

原民喜全詩集

原民喜全詩集

D9daf4ff 4a98 4411 8e58 8f38e57beaff

miura

やはり、「原爆小景」が一際迫り来るものがある。「夏の花」も読みたい。 文庫本としては、「鬼灯」等々、フリガナがないのは如何なものでしょうか。何て読むのか分からない漢字もあった。

約3年前

47e79340 66ee 4a21 b6bf 584493fa920bA66a9a37 bb1a 48b9 ba9f 9e2b9decd014
夏の花

夏の花

67cc0228 da77 4d7c 9dc5 c0ce348c6b1f

きこる

87年生まれ

あの日、広島で1日を送った著者に依る克明な記録小説。原爆投下の瞬間から数日後までの様子がスケッチのように描かれている。 ここに描写されている悲惨な光景は『はだしのゲン』で見たものと一致、いやそれ以上に無慈悲に映った。

約3年前