51c p4ef6hl

この場を借りて、ひとつの告白をさせていただきます。 ――府中三億円事件を計画、実行したのは私です。 今なお語り継がれる未解決事件、完全犯罪として成立し... 続き

コメント

ーこの事件は、私の青春そのものなのです。
この意味が深く胸に刺さった。
実際もこのような事件であってほしい。

「熱量が違う…」読んでいてその意味が分かってきた
自分の気持ちを吐き出す事ができる場所がない、うちに溜めるしかない時代
SNSになんでも書き込んで、なんの責任も持たない時代
どっちがいいのか分からない、もどかしい
そんな事を考えてしまう話だった

全く面白くない…
何故、人気があるのか了解できない…

読者

5e1ad5b9 aae4 43a7 9926 c3b5ebe0dbe8Icon user placeholderC9b1b58a 0970 4ac1 bdb3 d4646e78911d256ac608 d324 4512 80e0 2a3da2f41f3d4d2e5b6f 0ce0 491b ba75 83f7e748d8e094c036c0 adbc 4c28 9dc8 6b5c563bea90Icon user placeholder416b6f36 7943 4b8c a077 7acbc57313c0 37人

文芸

白昼夢の森の少女

白昼夢の森の少女

359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74

暇人

本の感想を書く場を求めて

人智の及ばない「何か」達が出てくる奇譚集。 実話怪談から幻想中編まで様々な雰囲気の作品があり、全部まとめて感想を言うのは難しい。 ので、今回は各話の不思議要素を大雑把に並べよう。 夏の満月の夜に、山を越えていく古入道。 一夜にして街と人を取り込んだ蔦と、取り込まれた人達。 時代と場所を行き来し、乗った人を永遠の旅に連れて行く銀の船。 こんな言葉に興味を持ったら、読んでみるのもいいですよ。一話が短いので読みやすいです。

約11時間前

E16ce4a9 9d8b 4d79 aac9 628a4699be44Icon user placeholderF38c1168 5758 46e2 87e9 cedb5ff8b863
女たちのアンダーグラウンド

女たちのアンダーグラウンド

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

 戦後横浜の光と闇」山崎洋子著亜紀書房、横浜は港町という特性から古くから様々なルーツを持つ人々を受け入れてきた。いや受け入れてはいないそこには差別を含む哀しい歴史もあった。その状況でも一歩一歩進んでいくこの町を本書は書いている。 黄金町ガード下に存在していた違法風俗「ちょんの間」は2000年代前半に行われた浄化作戦によって壊滅してその跡地をアートの街として再生を図っているが2019年現在、全く静かすぎる活気のない一体となってしまった。行政がおぜん立てしその意向に沿うものだけを認める官製アートの限界が如実に表れている。批評なき芸術は果たして芸術と言えるのか。もちろんプロパガンダ作品にも優れたものがあるとはいえそんなことを問いかけてくるハマの黄金町ガード下を今日もぶらりと通過。 補足すると地元の人もアートが最適解とは考えておらず 過渡期的状況とは捉えているよう。

1日前