51igg3cvual

発行元から

死者の弔いのため、遺体を解体し様々な製品を創り出す「遺工」を家業とする庵堂家。父の七回忌を機に、当代の遺工師である長男・正太郎のもと久々に三兄弟が集まる。再会を喜ぶ正太郎だが、次男の久就は都会生活に倦み、三男の毅巳も自分の中の暴力的な衝動を持て余していた。さらに彼らに、かつてなく難しい「依頼」が舞い込んで-。ホラー小説の最前線がここに!第15回日本ホラー小説大賞受賞作。

真藤順丈の本

夜の淵をひと廻り

夜の淵をひと廻り

87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d

おひさま

活字中毒の書店員

交番勤務にこだわり続けるひとりのおまわりさんと「大いなる悪意の意思」に飲み込まれていく街のお話。 冒頭の「警官だって怖い」という言葉にハッとさせられます。

3か月前

8703bfb0 92ea 4aab 8e09 297fcdc0d885Icon user placeholderIcon user placeholder
庵堂三兄弟の聖職

庵堂三兄弟の聖職

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1

kyoko

図書館がすき。

ホラー大賞を取った作品という事でしたが、怖くはないです。ホラーと言えばホラーなのかも知れませんが、内容は読みやすかったです。次男の癖みたいなものは、必要なかったのではなかったのでは?と、私はおもいましたが。

4か月前

七日じゃ映画は撮れません

七日じゃ映画は撮れません

Akiaivjyeuyp25rambwa

アルテシマ

本と本棚好き。

7日というタイトな期日で映画作品を撮るまでに起こる、ドタバタで泣き笑いありのハートフル作品かと思いきや、映画作品への熱意と情熱が詰め込まれた、映画関係者の生き様模様でございました。好き嫌いは分かれそうだけど、なんかお見事!って感じの作品です。

5か月前

Icon user placeholderBef36130 f485 43bf b84f 24d8667a371bDa3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e1
宝島

宝島

6ecd17a4 411f 4245 a2ca d3fe8fd7dffd

Naoko Takebe

人から本をオススメしてもらうのが…

かつての沖縄に存在していた悲しい事実と、消えた友人を探す長い歳月を切り取ったストーリーが重なった読みごたえがある一冊。

6か月前

Icon user placeholder94c036c0 adbc 4c28 9dc8 6b5c563bea90Icon user placeholder 65