51axg9w6vyl

廃用身とは、脳梗塞などの麻痺で動かず回復しない手足をいう。神戸で老人医療にあたる医師漆原は、心身の不自由な患者の画期的療法を思いつく。それは廃用身の切断だ... 続き

コメント

医療の事についてはもちろん、メディアのあり方や受身である私たちの捉え方を再度考えさせられるものだった。

その他のコメント

SF介護モキュメンタリー
私的には近未来の介護がどうより、メディアや老人、本人やその他人間の気持ちの受け取り方や伝え方の難しさで極上の蟠りが味わえた

読者

F6c4487c b640 4480 993b f9ddc1e13683C3fc991f d18a 4aaf 917f 93eac077c7f3B58225fe 0d10 469d 88b1 fef8ec4a30c3Cba34f17 f888 4aa5 8ad7 fe08ef318c5b3e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e04bcf9afb 9c5f 4ae3 bbb9 814a6953595aAe6f3015 e101 4b49 8c6a e89d5fe49478 8人

久坂部羊の本