51ieizxhrxl

第157回芥川賞受賞作。大きな崩壊を前に、目に映るものは何か。北緯39度。会社の出向で移り住んだ岩手の地で、ただひとり心を許したのが、同僚の日浅だった。と... 続き

コメント

言い様のない倦怠感。
そうだ。
予感ってそう言うもんだ。
文の長さ。風景の描写。
美しかった。
いい文を読んだ。
今度、川の流れでも見に行こうかな。

数年前、復興活動に参加した自分はその風景の裏にどんな日々があるのかなんて考えもしなかった。

人は日々は切り取ってしまえばそんなもんだ。でも、人は日々は続いていく。生きていく。

寂寥感、それに尽きる。表紙の現代アート、小林史子さんの作品なのだが、彼女は著者の沼田さんとはおそらくら1歳違い。そして2016年に亡くなっている。

色々な解釈が楽しめる作品です!こんなに釣りが描かれるのは珍しいと思ったのですが、テーマと釣りは別物ですね。

個人的にはイマイチな読後感。

読者

Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e31142caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3eF31dc9b8 954e 4d4f 8612 66fea9482b2bIcon user placeholder9d9656f0 35db 4841 a5c3 4ae5e0c2f7f21cdb2a9c 737e 4830 baac 6fa336e724afIcon user placeholderF88eefad 0ce8 432b a8ab f28f102a9a5c 28人

文芸

ナイルに死す

ナイルに死す

Df76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec4435

りんご

東京都 伊坂幸太郎さん、誉田哲也…

伏線だらけの超ミステリー。殺人が起きるまで、かなり長いですが、とても楽しめます!

約16時間前

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c90460142 dee7 4b30 a9d1 55c9e2bf25faD487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869
地球幼年期の終わり

地球幼年期の終わり

Ad7825af 31c7 446b af9e 8f3c399104ac

おめめ

主に鯖管のエンジニア

場面それぞれの色彩感が素晴らしく、何度も浸ってしまう。 古い作品ですが古くささは感じず、ミステリーやドラマ、冒険などの要素も詰まっていて読み応えがあります。 人類が宇宙人との邂逅を果たすタイプの原典とも言える作品です。

4日前