41haw2phetl

八年前に別れた黒崎を忘れられない十和子は、淋しさから十五歳上の男・陣治と暮らし始める。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治。彼を激しく嫌悪しながらも離れら... 続き

コメント

最初から最後まで、重苦しく、いい気持ちにはならない。登場人物全てに、嫌悪感を抱く。それでも最後に涙が溢れる。

その他のコメント

これが「相手の全てを受け入れる愛」なのか。これに近いストーリーのドラマを、昔に見た記憶があるけど。

読み始めたら最後、気分が落ち込んでいく。
それでもページを捲らずにいられない。

読者

4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25De457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b0Icon user placeholderIcon user placeholderC53c70e8 8a6c 41cc a422 3ab1c73eb37cIcon user placeholderF98b2efc 84e3 4f27 9d0c 18e0105cfed86aed883f bd64 485d 86ba c0b50412f886 28人

沼田まほかるの本

痺れる

痺れる

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます

9話からなる短編集 なんかぞわぞわする感じが残ります 5話目の「テンガロンハット」みたいに 自分勝手に押しの強い人で 話の通じない人が現れたら どうしようと怖くなります

5か月前

A5328f1f d0c8 4797 abed a3e4958c1aec09b7e494 6ab2 4afe b328 9e314b3c14062b16e9a5 9244 4528 b235 387715e782ee
ユリゴコロ

ユリゴコロ

6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376

tomo

本が大好きです。

2017.9.2 以前読んだ『彼女がその名前を知らない鳥たち』がとても印象的だったので、本屋にこの本が平積みされていて思わず手にとってしまった。 実家の押入れに仕舞われていた、4冊のノートにしたためられていた一人の女性の手記をめぐる物語。人を殺すことに対して何の罪悪感も持たない女性、そんな女性を心から愛した男性と、その女性に愛された息子。 一つの家族の謎が明かされて、なるほどと納得し、沼田さんにしては穏やかな話だな(そんなに読んでないのに知ったかです)と思っていたら、最後の最後に! 暖かいラストの筈なのに、なんとも言えない悲しみがあり、こんな別れかたをして残された人たちはこの悲しみから立ち直れるのだろうかと不安に思う。けれどある意味きちんと息子たちの幸せを見届けて、親としての役目を終えての結末なのだなとも思う。 とても不思議な家族の愛の物語だった、

8か月前

7e5c6331 f63f 4d94 8486 af349f027236A5328f1f d0c8 4797 abed a3e4958c1aecD90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f5 49
猫鳴り

猫鳴り

931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434a

スエヒロケイスケ

劇作家らしき仕事してるが物書きら…

今、我が家の14歳になる雌猫、ふねが、高齢による糖尿病で、毎日インスリンを打ち、それでも日によって容態は安定せず、しかも加えて、先日癲癇の発作を発症して、そのための投薬もすることになり、一時も目が離せない状況になりました。正直看護というか介護に疲れています。そんな時、この小説を思い出し、再読しました。初読のときよりリアルに思うのは当然、それよりも、死に怯える、別れにおびえることより、ちゃんと逝かせてやることを、教えてもらうと同時に、飼い猫からも、死を教えてもらう、ということを、、ちょっと、今、疲れでなにも考えられないけど、ふねを、ちゃんと逝かせてやる、そのことを。受け止められるよう、はい。

約2年前

D90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f5E8712501 c020 4096 b020 92d2ed0fc81bIcon user placeholder 11