41haw2phetl

八年前に別れた黒崎を忘れられない十和子は、淋しさから十五歳上の男・陣治と暮らし始める。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治。彼を激しく嫌悪しながらも離れら... 続き

コメント

最初から最後まで、重苦しく、いい気持ちにはならない。登場人物全てに、嫌悪感を抱く。それでも最後に涙が溢れる。

その他のコメント

読み進めるのがとにかく苦しく、ツラかった…。だけどこれもひとつの真実の愛。

これが「相手の全てを受け入れる愛」なのか。これに近いストーリーのドラマを、昔に見た記憶があるけど。

読者

Dccc2d34 c877 4202 bf22 35032161a14040fe8af8 9603 4e8f 99c8 24c5cf6528909911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200Ebb09403 2d11 48e9 8205 e3d48af895c0B4573d22 bfce 450a 84a5 8e743b449df78819ef64 91d0 4e81 b1c4 a73cf82d2b0a6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f5837638e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b1823 11人

沼田まほかるの本

51gtce2ppkl
931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434a

スエヒロケイスケ

劇作家らしき仕事してるが物書きら…

今、我が家の14歳になる雌猫、ふねが、高齢による糖尿病で、毎日インスリンを打ち、それでも日によって容態は安定せず、しかも加えて、先日癲癇の発作を発症して、そのための投薬もすることになり、一時も目が離せない状況になりました。正直看護というか介護に疲れています。そんな時、この小説を思い出し、再読しました。初読のときよりリアルに思うのは当然、それよりも、死に怯える、別れにおびえることより、ちゃんと逝かせてやることを、教えてもらうと同時に、飼い猫からも、死を教えてもらう、ということを、、ちょっと、今、疲れでなにも考えられないけど、ふねを、ちゃんと逝かせてやる、そのことを。受け止められるよう、はい。

約1年前

649f3f90 d3a0 4eba 8441 c5be6ac265e8F70eca95 2013 4a38 aa88 170ef7168a41B44fe3cf 0581 4568 9cc3 7fd84a5f8243
41khyuafdbl
2aa168be e4d4 4a6d b855 9ff8a0c90ab7

Reki

宇宙を!地球を!幸せを創る装置一…

薄暗い運命、儚い感情、触れない心、暖かい家族、恐ろしい過去、美しい未来。

約2年前

64a6cc33 af57 4dea bcaf a3a10a26e5709e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b75945365d881a7 fa14 4e34 b06b 2dfb907942bc 29