51iqltmjmfl

進化を、科学を、未来を――人間を疑え! 百匹目の猿、エスパー、オーギトミー、代替医療……人類の叡智=科学では捉えきれない「超常現象」を通して、人間は「再... 続き

コメント

巻末の宮沢賢治の引用にゾクリとした。
短編ということもあって気楽に読んだ一冊だったが、本質を見極めきれなかった自分にがっかりして再読した。
科学と信仰の世界の間で生きる現代人は、科学的に証明できるか否かで、真偽の判断をしがちだが、今一度考え直す必要がありそうだ。
表題作も良かったが、脳の可塑性について書いた「ムイシュキンの脳髄」が特に気に入った。

その他のコメント

『盤上の夜』、『アメリカ最後の実験』の衝撃やどハマり感は無かったな。哲学的というか思索的というか、難しい感じ。

読者

36a5ccab 3b5e 4bb1 9f7d c0b75d7f1d10405b0a3c c649 4fa8 8985 1e6478517d73F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad1135e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffb38e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b1823A168e774 2e89 495b 97e5 d20d655a5df2Akiaivjyeuyp25rambwa 7人

宮内悠介の本

偶然の聖地

偶然の聖地

Akiaivjyeuyp25rambwa

アルテシマ

本と本棚好き。

作者の才能やら好みやらかが、如何なく発揮されている。楽しく読めるけど、中身の理解はちょっと難しい。でも、それでも良いんだって思わせる作品。

約2か月前

7e5b5510 fe27 4ed2 971e ad926d497a0a84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690
うっとり、チョコレート

うっとり、チョコレート

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8

mana

喜怒哀楽の怒がない世界

チョコレートを切り口として、エッセイストや小説家、タレントの文章が一堂に会しました!という作品。 勉強になった。 そして、ああ人の感性ってばらばらで雑多でわけわかんなくて、 だから人と話すのは面白いんだなぁと思った。

4か月前

Bd3f1c37 f049 4a4a af4d 35748b1db2b2Cc41b704 bc74 4f27 b89f bf69a439a4bc6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9 18