414egcmhd2l

長く付き合った男と別れた。だから私は作る。私だけのために、肉汁たっぷりのラムステーキを!仕事で多忙の母親特製かぼちゃの宝蒸し、特効薬になった驚きのピザ、離... 続き

コメント

私が所持している小説の中でもお気に入りの一冊。
角田光代さんの描く、人と人との繋がりや、あたたかいごはんがたまらなくやさしい。前向きになれるお話が詰まっています。
嬉しいレシピ付き。

最近、俄に料理修行を始め、じわじわハマりつつある私にぴったりの、おいしい手作りごはんを巡るレシピ付き連作短篇集。失恋して、もりもりラム肉を食べたり、家事に疲れ果てたときに旦那さんがミートボールシチュウを作ってくれたり、それぞれけっこうあっさりしてるんですけど、読後ちゃんとほっこり笑顔になれて、料理中の待ち時間なんかにもぴったりです。驚いたのは著者が鶏肉と豚肉の区別もつかないところから26歳で料理に目覚めたという後書き。私と同じ年!料理によって生活に彩りが増していく感じ、私も漸く実感中です。

どれもおいそうなこんだてばかり&その料理と作る人だったり食べる人の日常など。
お腹へるかもよ〜

載っている料理をつくってみたい。

料理と人をつなぐ短編集。
幸せを運んでくれる料理がたくさん載っていて、自分も誰かと食事をしたいなと感じた本です。
巻末にレシピが載っているので、作って誰かと食べたいな。

読者

6c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626bD36d68a9 1e15 4346 941c b3cb59266a25A4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186f53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8aA3fe9208 07e2 4d6b 982b bbb4100f07dbPicture811fbc55 7a7c 4a1e ab1c 69693b5ae14cE83fa325 76b4 406b 8830 e58f6cb5ba25 27人

角田光代の本

学校の青空

学校の青空

53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a

岸本ミリ

好きなものは桃とクリームソーダで…

もっと今よりもっと若い頃、高校生とか10代の頃、命が軽かった気がする。でもそれは悪気があるわけじゃなくて無知ともまた違って、エネルギーばかり有り余ってそのままいつでも死んでしまえそうな感覚の中で生きているから仕方がなくて。そんなどうしようもない狭い世界の中で必死に生きる少女たちのお話。

11日前

80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a5f2cc981 6491 4f27 9a38 0469c789c8b8Af12b7cb 283a 4a91 8869 4890d4e5c916 10
対岸の彼女

対岸の彼女

417d400b 6de5 445e b47c 5122f205665f

まいむ

大学4年 理系

歳を重ねるごとに人と関わることを億劫に思う気持ち、とても良くわかります。過去に傷ついた経験が大なり小なりそれぞれあって、足枷になって、臆病になってしまう。そして、そんな世間の理想像とかけ離れた自分の姿に嫌悪感を抱いて、自分の殻に閉じこもってしまう。悪循環。そこから抜け出すためには、対岸の向こう側にいるような正反対のだれかに出会い、向き合い、繋がることが必要なのでは。 いや、例え意味の無いことだったとしても。 「また出会うために、前に進もう」

7か月前

Dae3efb3 9757 405d af65 5c0ce498b4042c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f 18