51mpkeddqyl

私たちの心臓は、一日に10万回、生涯ではおよそ30億回もの拍動を繰り返している。 活性酸素という猛毒にも曝されながら、なぜ心臓は過労死しないのだろうか? ... 続き

コメント

著者らが報告したNNCCSについての概説書。心臓は自律神経によって支配されている。自律神経には交感神経と副交感神経があり、かつては交感神経の作用をより強化する強心薬開発が主流だった。最近はβーブロッカーを使用し心機能を更に抑制する治療法に向っている。副交感神経からはアセチルコリンが分泌され、交感神経由来のノルアドレナリンと拮抗して心筋細胞の死滅を防いでいる。しかし心臓には交感神経終末より副交感神経終末の分布が少ないので、単純に考えるとアセチルコリンは足りなくなってしまうはずである。そうならないのはなぜか?

その他のコメント

仕事用の読書。
前半は全般的なお話。後半は著者の専門のお話。

読者

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

科学

毒物ずかん: キュートであぶない毒キャラの世界へ

毒物ずかん: キュートであぶない毒キャラの世界へ

67df4434 6981 4a85 b6a5 9f0bcbf04f06

れいん

プログラムに関する本や生理学の本…

くられさんが監修していることもあり、毒について詳しく解説されています。また、イラストの姫川たけおさんの描くキャラクターは癖があって好きです。 身近な毒物から化学兵器、麻薬まで多岐に渡り解説されております。毒物として解説されているのは、ほんの一部ですが、毒とは何か、薬とは何かと言うことが書かれている本です。

23日前

Icon user placeholder2ede264a 30df 4c1e bb83 b3c844b563bb9c8fb263 ada0 460c ab02 e8ce70259afd