41l yhhqlll

禅僧にして、大学教授、 庭園デザイナーとしても活躍する著者が やさしく語りかける「人生のコツ」。 ◎悩むより動く――そのほうが物事は絶対うまくいく ◎人... 続き

コメント

余計なことを考えない
シンプルな生き方っていいなって
思えるきっかけになった。
何度も何度も読んでます。

その他のコメント

道徳心の基本のキ。
分かっているようで。。。
日々の生活の中で心の中に沈んでしまっている言葉が沢山ありました。浮上させる事が出来たように思えますが、油断するとまた沈んでいくのでしょうね。何時も心の池に浮上させておくには、毎日水を掻く必要がある。毎日毎日コツコツと。ですね。

読者

Icon user placeholderA3c8a54e 1527 4f28 bae8 0862ce7dc35b79651acf 4aa2 427c af16 61cd849368c8B376121c e0e5 45e2 959f 1e5464763e24F888b04b d074 442c a9ef d49c5a8788b9Icon user placeholderDe5c690e 8ebf 4f9f 9f64 cf172142a3ddIcon user placeholder 27人

枡野俊明の本

傷つきやすい人のための 図太くなれる禅思考

傷つきやすい人のための 図太くなれる禅思考

Af143b8d 84ed 418d 9f92 4c760055822f

NOHO

生きていくうえで 、心を強く持っていられる 深い呼吸を数回して 、 「ありがとさん 」を三度心のなかで唱えるのだそうです 他人と比べても意味はない自分の内にこそ 、比べるものがある 短所に目をつぶる図太さが 、魅力を伸ばす 「一行三昧 」真っすぐな心を持って 、ひとつのことに全力を尽くす 、 失敗にこそ 「学び 」がある 自分を見つめるための必須条件は 、一人で静かな時間を持つこと 孤独とは自由 自分を見つめ直すと図太くなれる 長所を磨くと自信が湧いてくる 困難は試練であり 、自分が向上するためのチャンスだと受けとめる 〝大物 〟と親しくなるにはポジションではなく 、プロセスに目を向ける 禅の考え方からいえば 、落ち込んだときにすすめたいのが身体を動かすことです 。なかでも 「掃除 」がいちばん 。 一掃除二信心 一生懸命身体を動かすと余計なことを考えなくなる。 嫌な思いは、その場においてくる 縁を生かし切れば、損得勘定を超えられる でもからはなにも始まらない。 坐禅の三要素といわれるのが 「調身 」 「調息 」 「調心 」 「腹が立ったら 、何かいったり 、したりする前に一〇まで数えよ 。それでも怒りがおさまらなかったら一〇〇まで数えよ 。それでもダメなら一〇〇〇まで数えよ 」 おすすめしたいのが 「怒りを書く 」ということです 。 で思っている間は 、怒りの出口が塞がれているのです 。書くという作業はその出口を開くことだといってもいいでしょう 。 弱みを見せたら 、いまよりずっと魅力的になれる どの段階のどんな部分に問題があったか 、どこが足りなかったか 、を検証し 、問題があった 、不足していた 、という点を見つけて 、そこについて反省する 相手に嫌な思いをさせずに会話を終結させるには「ありがとう」 坐禅の意味は心のなかの自分とじっと向き合うところにある 心のなかの自分と向き合えば心は強く鍛えられる 寝る前の三〇分間は何も考えず 、 「心を落ち着かせる 」ことにつとめる 病院は当たり前がありがたいことに気づく 。それこそ禅がめざす心の境地 「すべてありがたい 」が生きることの原点 ご縁は自分らしく生きたその延長線上にある。 ただの人としてどう生きるか。それで人生が変わる。 座禅→セロトニンの活性→心の平穏

5か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderF4203be0 41e6 49bd 8c12 dc29baeda02e
人生が豊かになる 禅、シンプル片づけ術

人生が豊かになる 禅、シンプル片づけ術

8b21d536 8a5d 457e ae55 24cd1f5026d4

marz

漱石→三島→小林→聖書

真理とは、別世界にある難しい理論ではなく、当たり前だと本来の自分が普段感じている物事の中にあるもの。毎日の行いこそが大事で、人生を変えるには遠くを見ずに足元を見ることが大切。脚下照顧。

2年前