51ld187r4il

遠方の息子に会うため老夫婦は村を出た。戦士、少年、老騎士……様々な人々に出会いながら、ふたりは謎の霧に満ちた大地を旅する 続き

コメント

記憶と忘却。記憶も忘却も私、貴方、彼、彼女による日常の営みであり、その記憶、各々の主観により様々に変容するそれら記憶は「事実」を「史実」に変える。
アーサー王という実在、不在が未だ解き明かされてはいない伝説の人物が亡くなってしばしの物語。
この物語、歴史の主観は誰のものなのか。語り部は?アクセル、ベアトリス、ガウェイン、ウィスタン、エドウィン、常に三人称の登場人物。最後の最後、唐突に現れる一人称。その存在。その役割。
示唆的な登場人物達と彼らの会話、行動は一読だけでは読み取れない意味が散りばめられている。いつかの再読必須。読み終えた誰かと語り合いたくなる一冊。

その他のコメント

忘却の霧が愛の本質を温めあえるのだとわかっていても、人間は残酷な記憶の真実を求めようとする。

物語はファンタジーというメタファーではない。

時代が求めればアーサー王は英雄だが、虐げられた者にとっては残虐な敗北者に過ぎない。

そのような背景をひた歩く老父婦の姿はあたかもジャコメッティの彫刻のように。

忘却の霧。憎しみ、憎悪を忘れることでできたら温和な生活を送れるのか。それが幸せな人生なのか。なかなかに奥深いですね。

読者

9807894d c4af 4d2f a85e b7f8185c4ef4Icon user placeholderD4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f018943e7e d96b 475d b5a0 61f8c42443a811afb8da 1bf6 4272 bc30 39ed2c854032Icon user placeholderEe751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113f2f8adfe8 5ccc 42cd af96 db7c71bb3d45 25人

カズオ・イシグロの本

充たされざる者

充たされざる者

F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf9

さそり座

本当にずっと充たされない。 邪魔が入ったり他のこと思い出したりして何にも先に進まない。眠れないし食べられない、気持ちは焦るばかり。 初対面と思っていたら知り合いだったり、遠いはずの場所と場所が繋がっていたりするところが夢の中の話のよう。 聞こえるように嫌味を言われたり、自分だけが把握していないことがあったりして窮地に立たされる悪夢を見続けている感じ。 充たされそうな場面で終わるが、それもちょっとあやしい。 元気な時に、なるべく広く日当たりのいい場所で読むのが良いかもしれない。

6か月前

40deeedb c1a3 44e2 8f16 b81c4d19201fIcon user placeholder07381173 98e8 4bdf 9975 1ae89a889dee
浮世の画家

浮世の画家

B67c853a d9fe 49ee ace7 fb82be84a225

Jun

一年のうちに何回か読書ブームがや…

今話題のカズオ イシグロさんの本ということで手に取りました。浮世絵が好きなこともあり。 淡々とした文体が苦手な私としては読書の途中で解説を読み、ようやく読み進めることができました。 いくつかのエピソードが、少しずつずれながら重なり合い、独特のリズムから浮遊感を感じました。 主人公の言動も浮世を漂う感じがあり、浮世絵(=floating world、正確には浮世絵画家ではないけれど)と、浮世を生きる画家を意味するタイトルに妙に納得しました。

9か月前

7df63bbe 5a13 465f b64a 12e03263fe409727e8b0 10dd 4c31 b733 85abb59bdfbbDa89d462 9367 4b41 968a 24fe70ba9057 8
わたしたちが孤児だったころ

わたしたちが孤児だったころ

D12499a3 7577 4a9e 9ed0 5c28fedebfaf

Ryuji

楽器メーカーで、音楽関係の仕事を…

ミステリーと幼年期の淡いノスタルジアが並列で描かれ、最後に現実と直面する。現実に放り出されてからの人生(親から離れ孤児になること)が本当のスタートなのだ。

1年前

11afb8da 1bf6 4272 bc30 39ed2c854032Ed17a1f0 2f50 42ec a243 e8163423603fPicture
遠い山なみの光

遠い山なみの光

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

読後感さらり。池澤夏樹解説にあるように、カズオイシグロは自分の気配を消せる作家だなあと。会話のすれ違いは腹立たしくなる程に見事だった。

2年前

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f3891030c 90aa 4d21 a85c ab1fdf5f3759951c17be fdcf 4ec3 88a5 a0df705497cb 8