51fbvsk4ikl

コメント

読者

43cd3d8b 7503 417f 9845 58079e08ca03

竹宮ゆゆこの本

おまえのすべてが燃え上がる

おまえのすべてが燃え上がる

01fc3bbd 8be1 4422 8637 05148db7db7b

T.A

na

読了。 この本を知ったのは書店の新刊コーナー。 私の好きなアニメ「とらドラ!」の原作著者の新作ではないか! そのとき私は恋愛小説を読みたい気分だったので、なけなしのお金で購入。 色々なことから逃げて、失うものも何も無くなった信濃に残っていたもの、それが信濃自身を奮い立たせること、キャッチーに面白く描かれています。 しかし面白い場面よりドン底の暗い場面や幸せとはほど遠い描写が多い印象でした。それらがかえって物語に現実味を帯びさせ、引き込まれます。 最後のシーンは感動です。物語の全てを以ってして、信濃の幸せそうな笑顔が目に浮かびます。

約1年前

00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920248d0eaf dc10 43d8 8345 1d2fd45a33c3Eb4efb3a 7016 434c b55c 9e8b88e76264 12
砕け散るところを見せてあげる

砕け散るところを見せてあげる

1c9707dd d4a4 4d7b 9aea 08757ed47a7b

みゅー

本の世界にひきこもりたい。

タイトルからもう面白い。いじめられている玻璃を助けたことで、彼女の知られざる可愛らしさや純粋さに惹かれると同時に、彼女の背負う深い闇に引きずり込まれて行く主人公。彼のおかげで立ち上がって前を向き始めた玻璃に残酷な運命が待ち受ける。

1年前

A69b1e51 a2a3 4eb9 a19c d8e41617c75e9351e4bf 111a 44d0 8205 167577292b13A26871c0 3322 4824 ac4c f2717d6f8e12
砕け散るところを見せてあげる

砕け散るところを見せてあげる

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

なるほどね! 最後まで読んで最初に戻り、もう一度、あーなるほどね! 最近こういう構成のマジックというか、一つの小説を丸ごと使った実験みたいな作品、よく見る。 決して嫌いではなく、むしろ楽しかったのだけれど、からくりに目を奪われて作品そのものの魅力が過小評価されないといいなあ。 「つまり、UFOが撃ち落とされたせいで死んだのは二人」 冒頭でヒロインの口から語られるこの謎の言葉が、ぐいぐいとラストまで読者を連れて行く。 少年が孤独な少女を守るためヒーローになる、それだけの話なのに豊かな表現力と力強い文章に引っ張られてしまう。 語り口はライトなのに結構重い、パワーのある作品だった。

約2年前

Cc3fc40b 6b02 434d bae4 958cccb6186091050f17 c612 4bcc 8c1a 15dd4589a5fc4f5b14cf ab44 481b 8bfa 8817b927ac96 29