414bbd8aqil

室町幕府はなぜ自壊したのか-室町後期、諸大名が東西両軍に分かれ、京都市街を主戦場として戦った応仁の乱(一四六七〜七七)。細川勝元、山名宗全という時の実力者... 続き

コメント

「名前を聞いたことはあっても、どんなものだったか思い出せない応仁の乱を、わかりやすく解説した本」と某番組でカズレーザーが絶賛していた本。
細川・山名の対立、将軍の後継者問題、斯波氏の家督争い等が絡んでごたごたした内乱、ということまではわかったものの、如何せん華がない。丁寧に書かれているので、わかると言えばわかるが、ドラマチックさに欠ける上、戦国時代のように華々しい英雄が登場するわけでもないので、読み終わってもやはり印象には残らない。

興福寺の別当経覚と、門跡寺院、大乗院の門主尋尊、この二人の残した日記を中心として話が進められていくので、「応仁の乱」というよりは「応仁の乱時代の大和国」的な側面が強いかな。

とはいえ、個人的に室町時代大好きなので、垂涎のバラエティ作品だった。観応の擾乱とか、嘉吉の変、後南朝、明応の政変とか、この時代は一般知名度低いけど、面白い事件がたくさんあるのでもっと知られてほしいところ。

以下、面白かったことメモ。

・鎌倉期より大和国は守護が置かれていない。興福寺がその代わりを果たしていた。
・当時の京都、武家屋敷は屋敷の周囲の道路を掘り下げて濠とし、周囲の市街地込みで要塞化していた。市街戦なのに長期化した理由の1つ。
・この頃から足軽が登場し始める。
・「名を籠める」興福寺縁の寺院が一丸となって敵対者を呪詛を送る宗教的制裁(なんかスゲー)

応仁の乱の足利義政・義視、日野富子、細川勝元、山名宗全以外の登場人物を初めて知りました。

★★★★★
戦の引き際、損切りタイミングが難しい事がよくわかる。当人達も思ってもない方向に事が進んでいく。長い時間をかけて。利害関係者が増えれば増えるほど。
時代の大きな流れに押し潰されると良くいうが…こうなっちゃうわけね。

中央コントロールしようとすればするほど分権してしまう点も面白い点。ビジネスも同じか…結果論から言うのは簡単だか、なかなかいい仕組みは出来ない訳か。。。 また確かに第一次大戦と酷似。
こう考えると徳川政権はうまい仕組みを設計してると改めて思う。

いずれにせよ、とても面白かった一冊。

#読書記録
#応仁の乱
#呉座勇一

図書館返却日、200頁を読む一日。登場人物が出揃ってくると一気に読み進められる。ねほりんぱほりん「将軍の弟」回でねほりん(CV南キャン山里亮太)「えーっ西軍についちゃうのぉーーー!」が印象的でした(放映いつされるのかしらん)。

何故どのように始まって結果がどうだったのかいまいちはっきりしないこの乱を扱った新書なのにめちゃくちゃ売れてるというので興味を持ち、帰省のお供に買ってみました。
何より驚いたのは読み易いことで東京と奈良の往復かけて読もうと思ってたのに片道でほぼ読み終わるという誤算が…読み易さの主な原因は興福寺の高僧二人をいちおうの主人公めいた位置付けにしていることかな。複数の有力な守護大名の内紛が絡み合ってなんとなくダラダラと続いたこの内戦の流れを追い易くしてある。
室町幕府がこの乱で実質的に崩壊し戦国時代の幕開けとなった、くらいにしか教科書では扱われてないこの乱。必ずしも幕府がこれで滅んだわけでもないのだが…当時の体制全体が限界に来ており新たな社会構造に生まれ変わるためのマグマの蠢動のようなものっだったのかな、という感想を持った。確かに凄く売れてるだけのことはあってなかなか面白かった。

読者

52a0446f d718 4167 8fd8 a72f1a9c2e72A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3eIcon user placeholder9ad259c3 7e0e 43d0 929d cccf5ace9f325dc59253 1335 46dc 8342 2f7a4f57b5f4Bde17c81 c70d 4ccb 903b c4afd6d4b6c3Icon user placeholderIcon user placeholder 53人

呉座勇一の本

陰謀の日本中世史

陰謀の日本中世史

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

保元、平治の乱から源平合戦、太平記の時代から、応仁の乱、そして本能寺の変に関ヶ原。 作者の呉座さんは「応仁の乱」のブレイクが記憶に新しい、昨今注目の若手歴史家。 平安時代末期から、江戸幕府の誕生まで、この国の中世とされる時代に起こった主要な政変をひととおり網羅。世に喧伝される陰謀論の類を片っ端から切って捨てていく。 わりとスルーされがちな、院政期~南北朝までの話題も豊富に扱ってくれていて嬉しい。 あまりにも荒唐無稽に過ぎるが故に、バカバカしくて専門家に相手にされず、表だった批判も行われないために、明確な根拠を持たない陰謀論が世にはびこっていく。 とはいえ専門家ならざる一般人はこれらのトンデモ説を検証する術がないから、詳しそうな人が言ってるんだから、そうなのかも、、とオカシイと思いながらもこれを放置してしまう。 巻末で筆者も書いているけれども、これは歴史に関わることだけの話ではなく、世にはびこる疑似科学の蔓延にもつながることなのだろう。変だなと思ってもスルーせずに、批判すべき事は批判していくことの大切さを、知ることが出来た一冊。

8か月前

Icon user placeholderC9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892faIcon user placeholder 14