Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
414bbd8aqil

室町幕府はなぜ自壊したのか-室町後期、諸大名が東西両軍に分かれ、京都市街を主戦場として戦った応仁の乱(一四六七〜七七)。細川勝元、山名宗全という時の実力者... 続き

コメント

「名前を聞いたことはあっても、どんなものだったか思い出せない応仁の乱を、わかりやすく解説した本」と某番組でカズレーザーが絶賛していた本。
細川・山名の対立、将軍の後継者問題、斯波氏の家督争い等が絡んでごたごたした内乱、ということまではわかったものの、如何せん華がない。丁寧に書かれているので、わかると言えばわかるが、ドラマチックさに欠ける上、戦国時代のように華々しい英雄が登場するわけでもないので、読み終わってもやはり印象には残らない。

その他のコメント

興福寺の別当経覚と、門跡寺院、大乗院の門主尋尊、この二人の残した日記を中心として話が進められていくので、「応仁の乱」というよりは「応仁の乱時代の大和国」的な側面が強いかな。

とはいえ、個人的に室町時代大好きなので、垂涎のバラエティ作品だった。観応の擾乱とか、嘉吉の変、後南朝、明応の政変とか、この時代は一般知名度低いけど、面白い事件がたくさんあるのでもっと知られてほしいところ。

以下、面白かったことメモ。

・鎌倉期より大和国は守護が置かれていない。興福寺がその代わりを果たしていた。
・当時の京都、武家屋敷は屋敷の周囲の道路を掘り下げて濠とし、周囲の市街地込みで要塞化していた。市街戦なのに長期化した理由の1つ。
・この頃から足軽が登場し始める。
・「名を籠める」興福寺縁の寺院が一丸となって敵対者を呪詛を送る宗教的制裁(なんかスゲー)

応仁の乱の足利義政・義視、日野富子、細川勝元、山名宗全以外の登場人物を初めて知りました。

読者

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093B0441dfe 37c1 46c1 8e6a ae2b4b5865171ce180bd be6c 4fa0 aff8 b50c818038235965ac89 7374 4416 a719 27e42627144bD8ab32a9 c672 4131 b29d ffcb40c4c797330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886f4471bbd7 18ea 4a71 8f77 66eb0355a4ac 36人

新書

茶の世界史―緑茶の文化と紅茶の社会 (中公新書 (596))

茶の世界史―緑茶の文化と紅茶の社会 (中公新書 (596))

B46867b6 d26f 44c3 9ff4 ea2fe9ea6135

reif

Kindle 読み

先日 RT した「チャ」と「テー」の言語圏ツイートに下がっていた中公新書。「名著、刷新!」とのことで簡単に買えました。茶の世界史の核心は、英国の国民的飲料になる経緯で著者のご専門もイギリス経済史。そもそも自国で生産できないくせに飲むのは大英帝国の因業であった。面白かったー!

5日前

Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b47943631ba1d 0a17 4328 8eca d634219e94d9
日本のすごい食材

日本のすごい食材

B8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee

モコ

ネットよりも、活字が大好きです。

テーマから日本固有の食材の案内かと思っていたら見たことも聞いた事もなかった食材の案内にびっくり。いちご、とちおとめよりデッカくて、甘い栃木i27号、栄養満点しかも渋皮も簡単に向けててしまうぽろたんなどなど、食べたいと思うものばかり。本書にて紹介される食材は、生産者の方や研究者の方々の日々の努力から生み出されたものばかり。私たちの安全な食生活は、生産者の方々の力によって成り立っていることを改めて実感しました。

6日前

825d85f6 07ab 462b 8b77 3b021b87df01A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261