41l4v26nhvl

雨ふれば人魚が駄菓子をくれた日を語りてくれしパナマ帽の祖父 感性と抒情の歌人が断念を叙述する。この怪奇の今にこそ〝平和難民〟たる我ら、笹公人の日本の浪漫... 続き

コメント

★読む本リスト
夏休み、旅行中の新幹線かなんかで読みたいなぁー

読者

76a22abb 3c71 41cf 92b0 2414f6004045

笹公人の本

連句遊戯

連句遊戯

Fb927585 9356 4c57 8f9f 9336ec1e62d7

tumlr

忙しい日々からスローダウン中

この2人の詠む短歌は、怪奇・SFなんでもあり!星新一さんの短篇のように、あちこちにイメージが飛んで行きます。なぜそんな発想をしたか明らかになる、2人の感想戦が楽しい。

4年前