51ryor07ytl

山神一也は整形手術を受け逃亡している、と警察は発表した。洋平は一緒に働く田代が偽名だと知り、優馬は同居を始めた直人が女といるところを目撃し、泉は気に掛けて... 続き

コメント

「あの人を信じていたから許せなかった。」…そう、その裏切りが残酷な傷になると…。

その他のコメント

どっちに転んでも辛い感情がでてくる。ある人は信じなかったことを悔やみ、またある人は信じていたことに苦しみ、そして怒る。
だから、人を信じろと容易に言うことができない。それはとっても大変なことだから。

読者

562ef21c 005c 455a 8bf4 e7c78c7e4dbc34f0746a 6f52 4dff 8c03 f66cf8dff33eIcon user placeholder1792bb40 369e 4f51 ae31 3725280c42c2D2c89409 68e7 4b60 8b90 098cd0a0ea225add06fa 3a81 4e51 a9cf 262f9b4137946c82b6ff e45f 4584 acef 093d2bba687b5020dd43 95c9 4a01 afbf 6ff8e6fa864b 59人

吉田修一の本

続 横道世之介

続 横道世之介

5a067eed dd41 4cee 906b c13c7737a6d2

yukimizuirosuki

じっくり選んでどっぷり読みます

前作から期間が空いてあの世之介が帰ってきた!と、思わず手に取る。大学を卒業したその後が書かれていた。だめだめなのにそこに救われたり足りなさが愛おしいというアンバランスなのに絶妙なバランス感覚の持ち主、横道世之介。1994年の描写が瑞々しいのに、2020年にはもう居ないとわかってる切なさ。それでも関わった人達は世之介のことをふと思い出してしまう。読み終えてから表紙を見るとまた良い。人生のダメな時期、万歳!

4か月前

111025f1 6f12 4cdc 950c 64d9c2e917c3A4d3baf5 2021 4dee 9117 00ea6ca7b08bA0ed5209 0cec 419b 97e0 7ac1d5fe52d1 32
作家と一日

作家と一日

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

綺麗な表紙だなと思った。 旅は良いなと思えた。いろんな場所へ旅に出て、はじめての人と出会う。はじめての経験ははじめての感情を生むきっかけをくれる。 自分の中の楽しみや心の余裕を取り戻せるのも旅の醍醐味のひとつかなと思った。周りにいる人達に優しくできるようになるなら、無理してでも旅を計画して踏み出してみるのも大切なことなのかもしれない。

7か月前

8d604283 1d7d 4783 9813 c14c148509c3Icon user placeholderF143c58e da2c 4359 afbe 6c6c34153112 8
国宝 (下) 花道篇

国宝 (下) 花道篇

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

全てを捧げるということは、全てなんだろう。だんだん喜久雄に形が無くなっていくようだった。 芝居にかける情熱は、赤く燃え上がり、青くかがやき、白く発光していく。 演台で語る語り部の長い話を聞き終えた気分だ。 最後にチョン!と拍子木が聞こえた。拍手は三代目に。

11か月前

64a6cc33 af57 4dea bcaf a3a10a26e570F4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee