51ryor07ytl

山神一也は整形手術を受け逃亡している、と警察は発表した。洋平は一緒に働く田代が偽名だと知り、優馬は同居を始めた直人が女といるところを目撃し、泉は気に掛けて... 続き

コメント

その他のコメント

どっちに転んでも辛い感情がでてくる。ある人は信じなかったことを悔やみ、またある人は信じていたことに苦しみ、そして怒る。
だから、人を信じろと容易に言うことができない。それはとっても大変なことだから。

読者

D64b3a18 41aa 4374 8b45 2936e7253274A3117d24 5880 4a6c b095 379d6198574b1a58a418 9404 4011 85da d661916a181f52cf3300 0137 4bc1 9eaf b81a72337a310539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468eeAkiaivjyeuyp25rambwa3880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a8Icon user placeholder 50人

吉田修一の本

愛に乱暴

愛に乱暴

47a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cf

なおちゃん

なおちゃん25歳!!

コーヒー飲みながら一気に読破。 途中からのあれっ?ていう感覚は楽しいけど、ストーリーは楽しいものではない。。 因果応報という言葉がぴったり過ぎるほどぴったりなんだけど、赤ちゃんの存在って本当に不思議で、なにか物を言うだけで悪者になるよね、という自分の経験ともなんだか繋がる、桃子への共感もあり。 後味良い最後ではないけど、浅田さんや近所の李さんが少しの救いとして残ったのも良かったかも。

4か月前

F5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152f151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241Icon user placeholder
森は知っている

森は知っている

Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

マシマロウ

若い頃は若い連中が読まないものを…

吉田作品にしては、異質な産業スパイの物語。娯楽性十分のスピード感、展開を予測させないストーリー、そして何より魅力的な登場人物たち。一気読みでした。実は、『悪人』や『怒り』をはじめとする人間の根源的な悪、または『7月24日通り』や『初恋温泉』のような恋愛、または『横道世之介』のユーモラス路線、または『パークライフ』で見せた純文学の筆致、は予測していた。しかし、この作品はいずれにもカテゴライズされない。この作者の作品は、とんなジャンルであれ水準以上のものだ。このようにして、また彼の世界にのめり込んでいく。

5か月前

Akiaivjyeuyp25rambwa23ad9c9c 23c2 4e3d 94ca c721b2efea4092bfe741 b257 4362 8b5d 7dfec5c2b24a