51ryor07ytl

山神一也は整形手術を受け逃亡している、と警察は発表した。洋平は一緒に働く田代が偽名だと知り、優馬は同居を始めた直人が女といるところを目撃し、泉は気に掛けて... 続き

コメント

下巻で一気に物語が走り出して、ほぼ一気読みで読了です。
信じたいからこそ疑ってしまう……そんな気持ちが突き動かしていく群像劇。
切なくて大好きな作品です。

その他のコメント

どっちに転んでも辛い感情がでてくる。ある人は信じなかったことを悔やみ、またある人は信じていたことに苦しみ、そして怒る。
だから、人を信じろと容易に言うことができない。それはとっても大変なことだから。

読者

D2c89409 68e7 4b60 8b90 098cd0a0ea225add06fa 3a81 4e51 a9cf 262f9b4137946c82b6ff e45f 4584 acef 093d2bba687b5020dd43 95c9 4a01 afbf 6ff8e6fa864b3e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88beE0e892cb ca8e 4b41 b043 f671e77f5dc5D64b3a18 41aa 4374 8b45 2936e7253274A3117d24 5880 4a6c b095 379d6198574b 56人

吉田修一の本

国宝 (下) 花道篇

国宝 (下) 花道篇

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

全てを捧げるということは、全てなんだろう。だんだん喜久雄に形が無くなっていくようだった。 芝居にかける情熱は、赤く燃え上がり、青くかがやき、白く発光していく。 演台で語る語り部の長い話を聞き終えた気分だ。 最後にチョン!と拍子木が聞こえた。拍手は三代目に。

2か月前

F4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468eeAa6ee617 096b 475d 9630 7cd5abb3890c
国宝 (上) 青春篇

国宝 (上) 青春篇

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

活弁士が語ってくれるような、喜久雄の青春時代。映画のコマが流れるように、芸の道を懸命に生きる若者達の姿を映します。

3か月前

F4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c8511289b 8a2d 4fa4 8680 b8977f1916360539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee 12