51np9zfrbul

霊感は強くないはずだけれど、好奇心は人一倍! 著者の周りで日常的に起きているちょっと変な出来事を、特有の飄々とした筆致で描きだすじわじわ怖い怪談エッセイ。... 続き

コメント

日常で出会うちょっと不思議で怖い話、奇妙な話を集めたエッセイ。
怪談話にありがちな恐怖心を煽るような表現は一切なく、どの逸話もまるで近所の花壇や昨日のお天気を話すような軽快な語り口で綴られている。
そして驚くのは読めば読むほど「そういえば…」と似たようなこと確かにある!と思ってしまう事だ。
日本的な情緒というのはこういった「陰」の部分にこそあるんだろうと思う。
読み終わった後トイレに入るのもお風呂に入るのも怖くないのでオススメです。(笑)

読者

5faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6c9e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b7594539886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00cIcon user placeholder87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d 5人

工藤美代子の本