51lm92d1oal

コメント

シリーズ3作目、時は2030年、舞台は函館。「フニクリフニクラ」と同じ設定がある喫茶店「ドナドナ」でのお話。こちらが本店なんでしょうか。
第1作に比べ、やはり死者に会うというパターンが多くなってしまいました。それが全て不幸とは言い切れませんが、凡人な私は少しだけでもハッピーエンドが欲しい気がします。

その他のコメント

「コーヒーが冷めないうちに」第三弾。札幌編。ウルウルくる話が4編。
『もし、明日、世界が滅ぶとしたら?100の質問』の本を読んでみたい。答えを言った後に私は納得した理由が言えるだろうか。一日一日を、大切に過ごさなくてはいけません。

ただ一度だけ、願った時間にタイムスリップできる不思議な喫茶店のお話パート3。

流石にそろそろパターンが尽きて来たかなと、思わないでもないけど、今回も泣かせるエピソード満載。水戸黄門的な安心感がある。

前作から10数年間後。今回の舞台は函館!流の母親である、時田ユカリが、登場しないのに存在感がすごい!
次巻があるとしたら、ユカリメインで、函館のお店の因縁話になりそうな気がする。

読者

891353d3 7c79 4051 a47e 45e5fdf52e96Icon user placeholder1c24f0fb 51fd 4424 a822 0a36a8e15a3460729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835Icon user placeholder427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302bIcon user placeholderE17fdca3 bb9a 4b79 a84b b5f397b43df7 37人

川口俊和の本

この嘘がばれないうちに

この嘘がばれないうちに

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

シリーズ二作目。複雑な(笑)条件をクリアして初めて、望んだ時間にタイムスリップできる喫茶店のお話。 一度だけ大切な人に再会出来るなら、あなたは何を伝えますか? 制約が厳しすぎるので、似たような話になりがちなのだけど、今回は「嘘」をテーマに様々な別離の姿を描いていく。 大切な人の死。でもその人は決してあなたの不幸で、あり続ける事を望んでいない。残されたものが幸福になってこそ、初めて死者も救われる。 全編を通じて解き明かされていく数ちゃんの秘密が切ない。間接的にしか数ちゃんの話を書かないのはもどかしいけど上手いなと思った。今回も手堅いウェルメイドな出来栄えでした。

6か月前

Icon user placeholderEdc85d45 cdf6 4c69 b403 80bb269b0b65Fc70fca4 a1d2 4471 96d9 306dabd2fb6e 115
コーヒーが冷めないうちに

コーヒーが冷めないうちに

10dee52f a736 471e 9b9f 8267b8e9b931

岩瀬竜太

和歌山市内の書店に勤務しています…

後悔の無い人生なんていうのは、ありえないかもしれない。 でも、ただただ、今という時間を、瞬間を、本当に本当に大切にして生きていかないと と感じました。 作者さんが、劇団の脚本家さん ということもあって、登場人物たちの会話がすごくリアルで、自分も、まるでこの喫茶店の中にいるかのような、すごく、物語に入りこみやすい作品でした。 個人的には、第3章「姉妹」が一番好き かなー。

2年前

Icon user placeholder0d0a9844 b717 4e59 a9d7 bbd0cb57162e6b848e8a f76b 4f55 9e49 7b6d1172af9d 438