51xzywdezel

アイディアが軽やかに離陸し、思考がのびのびと大空を駆けるには?自らの体験に則し、独自の思考のエッセンスを明快に開陳する、恰好の入門書。 続き

コメント

だいぶ古い本のわりには、今読んでも新鮮な感じを受ける考え方をいろいろと与えてくれる本だった。
専門は違うけれども、気のあう仲間と語り合うのは、とてもいい影響を与えてくれることは経験からも理解できるなと思っている。

その他のコメント

思いついたことや気がついたことは、すぐにメモをとって一旦寝かせるほうがいいのだ。

ずっと頭にあっても煮詰まってしまうし、新しい考えが出なくなってしまう。

それに、寝かせていると、ある時パッとそのアイデアが飛躍することだってあるのだ。

要は、「見つめるナベは煮えない」のだ。

ということが書いてある本です。

思考を整理するとはどういうことか、が書かれている。

抽象化、具象化、三上、アナロジー、セレンディピティなど思考の手段について多く書かれている。

普段行っている「考える」という行動について考えられた本である。

読者

E1fad329 cf07 4bf1 b548 ad1f14f9f40591992f75 1d03 44ad b6bc a710a7baf9db0f10f11c 33a5 4993 99a9 64cc83786c8f8f9679e6 b9db 4b2e afd8 10a7a70c6915Fb6ac8a1 77ef 4f06 8739 9b1dc42e03c3A2d8f828 5aee 4290 82ab 35d5c13c5bdcAkiaivjyeuyp25rambwa0e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39c 196人

外山滋比古の本

こうやって、考える。

こうやって、考える。

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書など コメ…

0051 2018/08/18読了 イラストに惹かれて読んだので、本の内容は全く知らなかったが、 著作の抜粋だったのね。 もとの本を読んでいないが、カテゴリごとに分けられていて分かりやすい。 特に5章はなるほどなと思うこと多かった。 しかし、「愛読書はつくらない」と「何度も読める本を見つける」が出てきたときはどうしたらいいのかなと思った。 出典の本もそれぞれ読んでみたい。

2か月前

E2aebc2e b8b1 4f14 ab0e 2ddc36a68c2e68e29a9f 8219 4940 89ce 92ad42cfc13cE9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc207400 8
知的文章術~誰も教えてくれない心をつかむ書き方

知的文章術~誰も教えてくれない心をつかむ書き方

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋 植物担当 から転職 書店員…

「思考の整理学」の著者、外山滋比古による文章術 「ことばの表現は心であって、技巧ではない。胸の思いをよりよく伝えるには技術があった方がよい。しかし、この順序を間違えないことである。心のともなわない技巧がいくらすぐれていても、ことばの遊戯に終る。」 肝に銘じて本を読み、文章を書こう

8か月前

Icon user placeholder66e13f48 e921 4b68 b385 2cd454af44aa
新聞大学

新聞大学

F6dfa475 f015 477a a2a7 177e44d57124

nishitanabe1987

ほんがすき

賢いカメを育てること、あるいはユニークなゴールをもつこと。ウサギに徒競走で挑まない。挑むなら、池のなかの小島をゴールに設定する。

約2年前

8a9d07e8 262e 4104 a224 e74b72dcc96f8210e25f d30f 4927 97af a6cd3a0c31e82bafd35c b26c 488c 99ae 951338cbbe69 12