41ustbqytal

コメント

60年代は熱気があったのかな。未来への期待とか。

その他のコメント

大江健三郎中期の短編集。
激しかった、、、。

性に目覚め、政治的に覚醒する青年
自分だけの、性の小世界を作り込む男たち
心の奥底に潜む、人に言えぬ病を持て余す若者

それぞれの男たちの葛藤を劇的にあぶり出す。

激しかった、、、、、。
読んでよかった!
でも鬱になりそう!
次は晩年の作品を読みます。

読者

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8D3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79e73bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87bBe2705bb 9ad5 4b79 9412 de0079a04aa3Icon user placeholder0bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd17561#<actiondispatch::http::uploadedfile:0x007f213cd90850>Abb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141 8人

大江健三郎の本

同時代ゲーム

同時代ゲーム

8b21d536 8a5d 457e ae55 24cd1f5026d4

marz

漱石→三島→小林→聖書

「真の天才は、理解されず消滅する!しかし液に融解した成分が、電気分解によって析出するように、その後ではっきりした形を表すことがある!」 深く沈殿した感性のオリに、人を震わす刺激や感動のエキスが「在」る。散りばめられてる言葉たちを拾い集める読書体験!

2年前