51amjd1amql

「食べちゃいたいほど、可愛い。」このあられもない愛の言葉は、"内なる野生"の呼び声なのか。食べる/交わる/殺すことに埋もれた不可思議な繋がりとは何なのか。... 続き

コメント

岩波書店のホームページで連載された文章を元に編まれたこの本。「食べちゃいたいほど、可愛い」恋人や子供や孫にささやく言葉。人は動物を殺し、食べ、生きる。人は異性と交わる。そして子供が生まれる。食や性を嫌悪すれば、行き着くのは死だ。生きるために殺し交わる我々。『ぐりとぐら』に『あんぱんまん』、イザナキ・イザナミ神話や九相図を辿りつつ、生きることとは、野生とは、文明とはと問いかけてくる328ページ。「あゝ、つらい、つらい。僕はもう虫をたべないで飢えて死なう」。

その他のコメント

これを読んで何かがわかるとかじゃなくて、とにかく昔から、そしていつでも気になっていることを揺さぶってくれる本でした。

読者

D3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79e4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b50539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee13f06169 874b 41ba b3fe aad8e63fba1aE78802d3 a552 469c 8f34 2ba46d708a0aDf016139 7043 4074 9caf d5b04be60007C57b39cc 9432 460e 83c6 c4208cb5f6e4C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b 60人

赤坂憲雄の本

武蔵野をよむ

武蔵野をよむ

E518202e 8c82 4cce 8f92 158fd1b3afbc

紫陽花

停止中

渋谷のNHK放送センターが建っているあたりはかつて監獄であった。その裏に住んでいた国木田独歩は散策を愛し、『武蔵野』というテキストを遺した。水車がまわり大根畑の広がる120年前の渋谷村。テキストの裏に周到に隠蔽されている、悲恋の相手に対する愛憎。独歩は自宅での独座とともに、渋谷村の雑木林や小道を歩きながらの思索を愛した。赤坂憲雄の筆は彼方此方へのび、小道の様に錯綜する。まとまった解はないが、断りがあるようにこれは試論であり武蔵野学の始まりの書である。読む者も独歩や赤坂と共に迷い道を楽しむのがよさそうだ。

10か月前