Btn appstore Btn googleplay
51h1wryg5wl

詩人コクトー(1889‐1963)の手にかかると、子供の世界も、ギリシア悲劇を思わせる格調の高さをもって、妖しく輝きだす。白い雪の玉で傷ついた少年ポールが... 続き

コメント

一応読んだけれど、私には難しすぎていまいち内容が入ってない。もう一度読む。

その他のコメント

子供だけが描ける夢の美しさ。しかしその夢のなかに不都合が生じたとき、それを受け入れるために必要とされたのは、「成熟」であったのかもしれない。我々はもう、あのうつくしき時代へ戻り得ることはないのだと、愁えた。

狂気と悲劇。大好きな作品です。

読者

C1243901 d6eb 4606 9351 ea9d9d21c2c415fb068f 084a 467b a614 9b5c5a0aa7caC7f97e89 3acd 4790 8ea8 720276f92e9c9fa90857 1dfb 4b0c 84ab 964bc96d3e1269d21e99 b3b3 461b a629 6b943372182b4d7ad2c1 d799 4001 b053 ef40809a3827Dff5f89a d28e 4801 989f bf5db23ed8c948b8c55e 0ea8 4b52 8fa2 66d3dfd96988 11人

コクトーの本