51ql4yfwfol

嵐の晩、別荘に逃げ込んできた男女。その女の虜(とりこ)になったクライヴ。死んだ男の遺作を我がものとして発表しデビューした彼が彼女に出会ったのはまさに、ハリ... 続き

コメント

読者

F4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c

文芸

夜間飛行

夜間飛行

7c07e33c 1af7 43ef bc1e a8622d8bb77a

ヒロッキー

読むのは遅いが本は好き❗

勝利も敗北も越えて先に進まなければならない。 とてつもないプレッシャーの中でリヴィエールの信念が形成される様子は、善悪を超えて畏敬の念を感じさせる。

25分前

137afbb3 82c6 4043 8153 60142d4591a3C551c2ec cf20 4340 8858 5f44ff54bf19B3fd0ffa e716 4bd9 b3c4 c042a9d23124
みちづれはいても、ひとり

みちづれはいても、ひとり

Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184

ひろむ

月に6冊以上、年間では75冊読破…

2018/11/17読了 弓子の他人との距離感の遠さとか、シズに苦手意識を持つところとか自分に重ねてしまう。楓さんの子供とか大人とか男とか女とか、ラベリングしないで個人として好きか嫌いかを言えるところは好ましくて憧れる。そんな楓さんでも家族にうまく嵌れない葛藤を抱えてるのがミガワリサマのくだりでわかって切ない。今は親の世代より生き方が多様になって、女の人の人生の選択肢が増えて、だけど「世間体」とか「普通」とかが無くなった訳じゃないから生きづらさは無くならない。これまでの寺地さんの作品より、ドロドロして生々しい感情の部分が増えた気がする。

約2時間前

70823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58f147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092eFcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699db 13