4167pa74jml

コメント

人気作家が何者かに殺された。加賀恭一郎が様々な手掛かりを元に犯人を追い詰めていくが・・・。
比較的早い段階で犯人は明らかになるため、物語の大半を占めるのは犯人の動機と事件の概要・性質である。物語中盤で解明された真相(と思われたもの)が後半で一変し、まさにタイトル通り「悪意」をテーマにした事件だと気付かされる。
加賀刑事が「その悪意の根源は一体どこにあるのでしょうね」と語っているが、真に恐ろしいのは、人は明確な動機がなくとも他者を貶めようとする悪意を持ち得る、という点だと思った。

加賀シリーズの中では1番好きかも知れません。

序盤に犯人が特定され、動機を追求していくこの作品、全く新しいミステリー小説だった。

物語の語られ方、章ごとに変わっていく語り手、暴かれひっくり返される展開、とてもおもしろかった。

気にくわない、それだけの理由がこんなにも人を人に執着させてしまうのだという恐ろしさを思いしりました

犯人探しではなく、人を殺すに至らしめる悪意を探る物語。

犯人の魂胆を見抜いた主人公。モノの本質を追求することで見出す。そんな主人公だからこそ出来たのではないかと思う。犯人は主人公さえいなければ自分のシナリオ通りにことは進んだかもしれないが、執念には驚く

このタイトルがとても納得。
殺すことが目的でない犯罪。
さすがの加賀の推理。

東野圭吾の作品で一番好き。
技ありな作品だと思います。

加賀恭一郎シリーズ第四弾。
今度は手記や記録を基にした物語の進行。

まんまと犯人の「悪意」に騙された。
憧れが歪んだ形で表わされるのは、切ない。

読者

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a3c54a823 0492 4b6f a0b2 8583d7d96333Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder3685983e 5f00 40ff bd7b fbf4fbb27dccE014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe03e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be 56人

東野圭吾の本

鳥人計画

鳥人計画

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a

taboke

5678

日本ジャンプ界期待のホープが殺された。ほどなく犯人はコーチと判明。一体、彼がどうして。一見、単純に見えた殺人事件の背後に隠された驚くべき「計画」-踏切のタイミング、空中姿勢、風圧、筋力、あらゆる要素を極限まであの男のデータに近づけよ。「計画」は極秘のうちに進行しつつあった…。拘留中の犯人が密告者を推理する、緻密極まる構成の本格スポーツ・ミステリー。

2日前

7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d27bf5885 8aa4 43d9 b152 506c814daece640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff 8
十字屋敷のピエロ

十字屋敷のピエロ

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a

taboke

5678

ぼくはピエロの人形だ。人形だから動けない。しゃべることもできない。殺人者は安心してぼくの前で凶行を繰り返す。もし、そのぼくが読者のあなたにだけ、目撃したことを語れるならば…しかもドンデン返しがあって真犯人がいる。前代未聞の仕掛けで推理読者に挑戦する気鋭の乱歩賞作家の新感覚ミステリー。

2日前

Fa1d4e69 319a 436e bec7 2d60ce37b8d7A9a02027 a076 40a9 8169 a19ebef08e883f10325b 249d 4bf9 809a 0c01f5c7460b 10