4167pa74jml

コメント

人気作家が何者かに殺された。加賀恭一郎が様々な手掛かりを元に犯人を追い詰めていくが・・・。
比較的早い段階で犯人は明らかになるため、物語の大半を占めるのは犯人の動機と事件の概要・性質である。物語中盤で解明された真相(と思われたもの)が後半で一変し、まさにタイトル通り「悪意」をテーマにした事件だと気付かされる。
加賀刑事が「その悪意の根源は一体どこにあるのでしょうね」と語っているが、真に恐ろしいのは、人は明確な動機がなくとも他者を貶めようとする悪意を持ち得る、という点だと思った。

加賀シリーズの中では1番好きかも知れません。

気にくわない、それだけの理由がこんなにも人を人に執着させてしまうのだという恐ろしさを思いしりました

犯人探しではなく、人を殺すに至らしめる悪意を探る物語。

犯人の魂胆を見抜いた主人公。モノの本質を追求することで見出す。そんな主人公だからこそ出来たのではないかと思う。犯人は主人公さえいなければ自分のシナリオ通りにことは進んだかもしれないが、執念には驚く

このタイトルがとても納得。
殺すことが目的でない犯罪。
さすがの加賀の推理。

東野圭吾の作品で一番好き。
技ありな作品だと思います。

加賀恭一郎シリーズ第四弾。
今度は手記や記録を基にした物語の進行。

まんまと犯人の「悪意」に騙された。
憧れが歪んだ形で表わされるのは、切ない。

読者

3685983e 5f00 40ff bd7b fbf4fbb27dccE014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe03e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be1d5586ae 5320 49a4 909a 337ef92532aaE9f19941 aa8b 4782 82b1 0df464084d5eFcb59cf8 724e 4d01 b78d 3294e4e332b8425cdc95 0114 4195 b328 7c175935f06dDf2bb78b c139 417c a9e7 3ae0491d324e 51人

東野圭吾の本

虚ろな十字架

虚ろな十字架

922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d

ともちゃん

本屋さんでは早送りの時間流れる

「死刑制度」「償い」がテーマ。(オウム真理教13人の実刑により考えてみようと…)お腹の奥底に重い石を投げ入れられた苦しい気分。考えれば考える程に答えが出ない。被害者も加害者も周りの人も、すべての人の些細な感情の動きを自分も持ち合わせている事に気づく。誰にもなり得る自分が怖い。

約1か月前

57e191c5 a69d 4aaf b8a3 5625582531f18a90727c f0b8 44dd a493 ed5e9e1eebb5425cdc95 0114 4195 b328 7c175935f06d 26
人魚の眠る家

人魚の眠る家

72c73e32 8bab 4dc4 92f2 8fbe56ff74a6

大学生② 土日に読み貯めます。

生きているとはどういうことなのか、今の日本の医療の在り方や臓器移植の問題について考えさせられました。 こんな介護の仕方があるのかと驚きました

2か月前

C85cacc0 63d2 44b0 bb5f 963d98466da9Icon user placeholder80760730 893a 46f7 96b3 ffb0a5e7d7e8 43
ラプラスの魔女

ラプラスの魔女

2e580590 9361 4a0f b7fc 3658d759d133

千野久美子

海の近くに住んでいます。

夢中になって読みました。 しかしさいご、あれっと思い結末だけを読み返しましたが、それまでの迫ってくる文章の最後としては、物足りなく思いました。

4か月前

1f5a0c0a 6bea 490c a316 5c8d46675b09Fa452119 0b49 4528 add3 9c8f40c7401eC3d1845f 9b56 4c33 a555 61091d93e415 69