4167pa74jml

コメント

人気作家が何者かに殺された。加賀恭一郎が様々な手掛かりを元に犯人を追い詰めていくが・・・。
比較的早い段階で犯人は明らかになるため、物語の大半を占めるのは犯人の動機と事件の概要・性質である。物語中盤で解明された真相(と思われたもの)が後半で一変し、まさにタイトル通り「悪意」をテーマにした事件だと気付かされる。
加賀刑事が「その悪意の根源は一体どこにあるのでしょうね」と語っているが、真に恐ろしいのは、人は明確な動機がなくとも他者を貶めようとする悪意を持ち得る、という点だと思った。

加賀シリーズの中では1番好きかも知れません。

気にくわない、それだけの理由がこんなにも人を人に執着させてしまうのだという恐ろしさを思いしりました

犯人探しではなく、人を殺すに至らしめる悪意を探る物語。

犯人の魂胆を見抜いた主人公。モノの本質を追求することで見出す。そんな主人公だからこそ出来たのではないかと思う。犯人は主人公さえいなければ自分のシナリオ通りにことは進んだかもしれないが、執念には驚く

このタイトルがとても納得。
殺すことが目的でない犯罪。
さすがの加賀の推理。

東野圭吾の作品で一番好き。
技ありな作品だと思います。

加賀恭一郎シリーズ第四弾。
今度は手記や記録を基にした物語の進行。

まんまと犯人の「悪意」に騙された。
憧れが歪んだ形で表わされるのは、切ない。

読者

3e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be1d5586ae 5320 49a4 909a 337ef92532aaE9f19941 aa8b 4782 82b1 0df464084d5eFcb59cf8 724e 4d01 b78d 3294e4e332b8425cdc95 0114 4195 b328 7c175935f06dDf2bb78b c139 417c a9e7 3ae0491d324eIcon user placeholder27bf5885 8aa4 43d9 b152 506c814daece 49人

東野圭吾の本

人魚の眠る家

人魚の眠る家

72c73e32 8bab 4dc4 92f2 8fbe56ff74a6

大学生① 土日に読み貯めます。

生きているとはどういうことなのか、今の日本の医療の在り方や臓器移植の問題について考えさせられました。 こんな介護の仕方があるのかと驚きました

7日前

03fd4326 7c50 4f97 bbe0 96f71f83b99dIcon user placeholderIcon user placeholder 21
ラプラスの魔女

ラプラスの魔女

2e580590 9361 4a0f b7fc 3658d759d133

千野久美子

海の近くに住んでいます。

夢中になって読みました。 しかしさいご、あれっと思い結末だけを読み返しましたが、それまでの迫ってくる文章の最後としては、物足りなく思いました。

2か月前

Ceeaa7ff 1f60 43c7 bb95 06bda11a98e709c068ab 3b99 4ce4 888a ae56f6359bacIcon user placeholder 60
危険なビーナス

危険なビーナス

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

毎回楽しく読ませていただいています。 今回の主人公が珍しく俗っぽいのは、冒頭から違和感満載なのを誤魔化すためでしょうか? 最後は社会派ミステリのような感もありますが、やはり面白いです。

3か月前

4e2109ae d02b 4562 9a5c 7b40d63d529fB8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee9922679c 987e 440a beab 7bdc46dc49f4 12