Btn appstore Btn googleplay
4167pa74jml

人はなぜ人を殺すのか。 東野文学の最高峰。 人気作家が仕事場で殺された。第一発見者は、その妻と昔からの友人だった。 逮捕された犯人が決して語らない「動機」... 続き

コメント

加賀シリーズの中では1番好きかも知れません。

その他のコメント

人気作家が何者かに殺された。加賀恭一郎が様々な手掛かりを元に犯人を追い詰めていくが・・・。
比較的早い段階で犯人は明らかになるため、物語の大半を占めるのは犯人の動機と事件の概要・性質である。物語中盤で解明された真相(と思われたもの)が後半で一変し、まさにタイトル通り「悪意」をテーマにした事件だと気付かされる。
加賀刑事が「その悪意の根源は一体どこにあるのでしょうね」と語っているが、真に恐ろしいのは、人は明確な動機がなくとも他者を貶めようとする悪意を持ち得る、という点だと思った。

その悪意の根源は一体どこにある

読者

9tzs3v3v normal4275d5a0 4c99 45a9 a9a4 d3aa57745d2f56e2ca92 cfba 47d9 8c11 413b37ff5aa890555fb9 81fb 4433 af61 39c035083a4dC8ffdf0d 7e2f 4a7d 8859 4a482a893910E34c36cf 4c3f 4c0d 90d4 34d2aa6aac42Cf471b38 eb36 4201 b603 cabe19d87de029fe4976 e832 4f3e 9f69 48303809fa4f 80人

東野圭吾の本

ラプラスの魔女

ラプラスの魔女

92cc7c47 8c16 4ac5 8df8 1103aa1004c1

でこい。

OBK(お化け)物が好き。

流石はメージャー作家、面白い だが、途中で油断して櫻井君の映画見ちゃった。 面白くな〜い!ʅ(◞‿◟)ʃ

約2か月前

Icon user placeholderNzghmlpi normalIcon user placeholder 116
文庫 恋のゴンドラ

文庫 恋のゴンドラ

E8012c0c 762c 4d46 aef0 9a8ad6a6cfef

ナッツ

27歳/主婦/ミーハー

ひとつひとつの短編が繋がっているので2度楽しめます。時系列も読む順番通りなのでサクサク読めます。 登場人物が多く関係性を把握するのに少し時間がかかりました。どのキャラクターも個性的で、男性目線・女性目線どちらからも楽しめます。 スキー、スノボ経験者は、情景が浮かびやすくより楽しんで読めるだろうなと感じました。

6か月前

B2f1e469 610b 42a1 80fe 29b7bd539af5Cs5oora5 normal39301d70 766a 47fa 94ed 6d5d6d1cbfbf 21
希望の糸

希望の糸

Cf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b17527

さくチロ

読書は人生の道標☆

主役は違うが、加賀恭一郎の登場で嬉しかった。また会える☆ 歩んできた長い人生の中で、交わる糸を感じながらラストの言葉が気持ちよく響きました。 このシリーズの情の絡み合いが好きです。

7か月前

Bbb39884 bff1 42f3 b207 c4b411623b37Icon user placeholderC5024185 68ea 4afd 831a ff20192377e5 17