511nnpy0all

戦争が激しさを増し、双子の「ぼくら」は、小さな町に住むおばあちゃんのもとへ疎開した。その日から、ぼくらの過酷な日々が始まった。人間の醜さや哀しさ、世の不条... 続き

コメント

その他のコメント

なぜこんなに面白いのかわからないまま読み終えてしまう、摩訶不思議な文学。平易な言葉を使い、子供の目を通した素直な視点から描かれているので、すんなりと小説世界に入っていける。にもかかわらず、彼らの見ている世界の様相と言ったら、一度では反芻できないほどに強烈だ。ためらうことなく次作に手を伸ばしてしまう

戦争の為に疎開した双子。始まった祖母との共同生活の中で、突きつけられる現実。

極限の中で強かに生きる双子の日記(この本)からは、話にも出てくるように感情が一切記されておらず、事実や真実だけが記されている。

心理的な説明がないのにも関わらず、こんなに惹きつけられたのは初めてでした。

読者

406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97B24ceb96 bc2a 46b6 aba3 a26d5af80c17F6b26583 f782 4756 891c 9c6f123399bb417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c608a91a40 13fa 413a 9850 e1a47f6e03de8b60334b b2ac 4fa3 a682 cd40922634d64f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43Ead79813 55bc 42b8 9354 716e42d497a8 115人

アゴタ・クリストフの本

悪童日記

悪童日記

7c1b1289 399e 445f a1a7 2eea4c2ebab4

オダギリ

学も教養も知恵もどうしようもない…

主人公たちのタフさや狂気が凄まじいエネルギーとなって襲ってくる。ページをめくる手が止まらない。続編があるらしいが正直これだけで完成されてると思う。

約3年前

文盲 アゴタ・クリストフ自伝

文盲 アゴタ・クリストフ自伝

F6dfa475 f015 477a a2a7 177e44d57124

nishitanabe1987

ほんがすき

私が悲しいのは、それはむしろ今のこの完璧すぎる安全のせいである。仕事と工場と買い物と洗濯と食事以外には何ひとつ、すべきことも、考えるべきこともないからだ、ただただ日曜日を待って、その日ゆっくりと眠り、いつもより少し長く故国の夢を見ること以外に何ひとつ、待ち望むことがないからだと。(73)

約4年前

7e709330 4586 4446 bc44 b796485cb87eF3143f54 537d 40eb afda 6015c83d8d86