41%2b%2blb631zl

人妻サラとの道ならぬ恋から1年半。なぜ彼女は去っていったのか――捨てきれぬ情と憎しみとの狭間で煩悶する作家ベンドリックスは、その雨の夜、サラの夫ヘンリーと... 続き

コメント

配偶者といる時でさえ自分を演じるのは嫌だなと思った

女は雄々しい、男は女々しい。

読者

B8aad435 d4c9 4448 98ae 27273aa9335e80578e99 eac1 4b1a a72b 749f91a5d27fB4c39e33 cdef 49e9 9630 2ec692a56a658502e147 b34e 4d58 8bbd a3974774bb107d63454f a1c2 4f21 bce2 600a21436b00 5人

グレアム・グリーンの本

小さなきかんしゃ

小さなきかんしゃ

E8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d1161547718

ぬっぴー

印刷会社で燻っている30歳(つい…

いつも同じ駅を行ったり来たりしていたチビ機関車が冒険に出発する。チビに顔は書かれてないのだけど、阿川弘之の訳が秀逸でなんとも愛らしく、気持ちを注入してしてしまう。2017.9

1年前

ブライトン・ロック

ブライトン・ロック

84d0efd4 ca40 427f 93cb c3a74c7d443a

おでんくん

雙葉67th→慶應文英米 /

授業の課題で読まされたという感じでしたが、面白かったです。私はなぜかピンキーにひきこまれてしまいました。ピンキーにうまく逃げ切ってもらいたいなあと思いながら読んでいました。アイダ苦手だなあ…って思ってしまいました。 周りの情景がありありと頭に浮かぶ作品でした。

1年前

おとなしいアメリカ人 ハヤカワepi文庫

おとなしいアメリカ人 ハヤカワepi文庫

47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a

inoue

Webエンジニア

インドシナ戦争のサイゴン、イギリス人ジャーナリストの語り手の前に、寡黙で空想的なひとりのアメリカ人文官が現れる。ベトナム人の女をめぐる三角関係は、戦火の混乱に飲まれていく。フランスとベトミンの間で第三勢力となったカオダイ教団は、いまも残っていて南部の観光地となってます。

約3年前