41ekrdbfydl

地中海はインターネットでは絶対にわからない。陽光を浴び、風に吹かれ、大気を胸深く吸う必要がある──。単身ヨーロッパに渡り、思わぬきっかけで作家デビューを果... 続き

コメント

ずらっと並ぶ「ローマ人の物語」の著書、塩野七生さんのエッセイ

ローマへの熱い想いや、外国から見た日本についてなど軽快に語られていて楽しい一冊だった

「拝啓マキアヴェッリ様」はもうラブレターのようで、読んでいてちょっと恥ずかしいー

その他のコメント

世界史が好きになったのは、塩野先生の「ローマ人の物語」のおかげです。

読者

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c25965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b

塩野七生の本

逆襲される文明 日本人へIV

逆襲される文明 日本人へIV

B6726f9a f4ff 42cd ac37 63324f4bdff2

ハイパラ@ミニマリスト

読みたい本が、いっぱい!σ^_^…

塩野七生さんの、心地よい文章が好きで読みたくなります。クライシス(危機)という言葉に、古代のギリシャ人は、もう一つ「蘇生」という意味を込めた。悲観的な時もある。だがそれでも人生は続く。その先に光を見る。

1年前

08e28c20 6b2b 418b be61 cedca12c56220394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118eIcon user placeholder 11