41ebo3ldl7l

コメント

東日本大震災後の海沿いの町から、想像力を電波にした不思議なラジオが聴こえてくる。DJアークは大切な人にメッセージを届けようと想像ラジオを発信する。
作中の「亡くなった人の声に時間をかけて耳を傾けて悲しんで悼んで、同時に少しずつ前に進んでいくんじゃないか」という言葉が印象に残った。
震災で亡くなった人々はどういう思いでこの世を去って行ったのか、考えさせられる一冊だった。

その他のコメント

パパが死んじゃったら僕は生きているから困る。子供の愛も伝わって、家族について考えました。

読者

F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac8b219c3f 69c4 4306 b0eb 35674eb1a193980f83fa 2585 4a68 8371 9a1ccc7b7c14883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e040937d63454f a1c2 4f21 bce2 600a21436b00Ce582979 a75b 4c2a 83f0 f11ec327136690cb0094 04da 4198 91ba eb8f84bcdb8aE3e0b622 91f5 4a43 a8e8 3fffa6026ca2 46人

いとうせいこうの本

ノーライフキング

ノーライフキング

E3e0b622 91f5 4a43 a8e8 3fffa6026ca2

中村晴子

娘2人

今この世界に、ノーライフキングはいるのか、いないのか。ノーライフキングと戦った少年たちは、どんな大人になっているのか。

1年前

Ee751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113f9d58de1b b527 49fe 9838 e24d6f5ecdbf764c1994 c672 4fa4 8536 2a1145831bbd