41ebo3ldl7l

コメント

東日本大震災後の海沿いの町から、想像力を電波にした不思議なラジオが聴こえてくる。DJアークは大切な人にメッセージを届けようと想像ラジオを発信する。
作中の「亡くなった人の声に時間をかけて耳を傾けて悲しんで悼んで、同時に少しずつ前に進んでいくんじゃないか」という言葉が印象に残った。
震災で亡くなった人々はどういう思いでこの世を去って行ったのか、考えさせられる一冊だった。

その他のコメント

パパが死んじゃったら僕は生きているから困る。子供の愛も伝わって、家族について考えました。

読者

Icon user placeholderF56b890f d5a0 4718 9c2c 6ea7329c9787F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac8b219c3f 69c4 4306 b0eb 35674eb1a193980f83fa 2585 4a68 8371 9a1ccc7b7c14883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e040937d63454f a1c2 4f21 bce2 600a21436b00Ce582979 a75b 4c2a 83f0 f11ec3271366 48人

いとうせいこうの本

ボタニカル・ライフ―植物生活

ボタニカル・ライフ―植物生活

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋 植物担当 から転職 書店員…

これはもうだめだー 植物を育てる人なら必ず陥るであろう、あるあるネタが満載で死ぬほど笑った 盆栽を剪定できない アボカドの種を植えてしまう 食べるはずのハーブを育てたくなってしまい収穫できない もらった鉢の置き場所に悩み、平気で半日経ってしまう 書き切れないわー

約1か月前

34d30eff 38a9 46ad bf35 3ab7420b1840A8584ec0 4506 4840 aecf adc4d11f429eEf4ffbd6 c450 4396 9082 efc282d86408