51wttxg6ojl

母親を亡くした二十代の「私」は、「絶対に長生きするからね」と父に誓ったのに、交通事故に遭ってしまう。激痛の嵐の中、目を開けると二メートルほど下に自分の身体... 続き

コメント

8話からなる短編集

物語もあれば哲学的なものっぽいのもある感じ
女性は犯罪被害者になりやすかったり 母親として子供の心配ばかりしたり 「このままならない世界で 手をつなぎ ひたむきに生きている」という帯の言葉に共感

読者

Icon user placeholderD3f10d98 87b1 4c10 8449 416c757048feB2cf85c2 97f9 467b bdfb b68b7df8fecf55726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e7724151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241Lbb1pwey normalCd9f5084 b66f 40aa 81f0 7f14cd4b9903Icon user placeholder 13人

綿矢りさの本

かわいそうだね?

かわいそうだね?

522b2427 7b6f 4545 9fc6 099fc68c2211

Chiiico

本から雑学を

大阪弁で怒り狂うのはすごくスカッとした。亜美ちゃんとさかきちゃんの関係はどこかで見たことある気がするくらいリアル。

6か月前

8c6c3606 bd58 44fe b6f6 3b56d7da9a2d9de8a6e9 8ead 4e7a 9fd1 811a28cd3db93b1984e7 90a5 4314 9b49 a65600d890fe 28
ウォーク・イン・クローゼット

ウォーク・イン・クローゼット

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

綿矢りさの作品はいつも可愛い女の子の声で脳内再生される。たとえ男が主人公であっても。綿矢作品は自分とは異なる感覚の人物が多く描かれるけど、でもわかるし、読んでて面白い。綿矢りさは不思議な作家だ。可愛い人だ。

9か月前

86a624fb 953e 4b91 92b8 52fd6a10e77dF0654e9c 05de 4249 b11e 3f7e97e052230cccb13c 6d45 45e5 b91b ed6147888c18 16
蹴りたい背中

蹴りたい背中

Icon user placeholder

ふか

日本 北海道

主人公の気持ちがわかるような、わからないような… でも、心に染みるものがあった。主人公の心や主人公が見た物の表現が良かった。好きな作品。

11か月前

2b737a21 ce60 4c95 814e f0da83a6bc75Icon user placeholderD8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd0204810 21