Btn appstore Btn googleplay
513sihdk0bl

「折木さん、わたしとても気になります」文化祭に出展するクラス製作の自主映画を観て千反田えるが呟いた。その映画のラストでは、廃屋の鍵のかかった密室で少年が腕... 続き

コメント

爽やかなミステリー。
負傷者、死者ともになし(死者役はいたけど)
もちろん奉太郎は見事謎を解き明かす。
けどね…
最後、話に全く登場しなかった方々が
見え隠れして、続編を読みたくなる。

青春って、高校生っていいなぁ。

その他のコメント

どう表現するのがしっくりくるのか分からないけれど、作者に手の平を返されるのは心地いい。それと、あとがきはフェルマーのオマージュだろうか。寿司への好奇心は昂まるばかり。
渋味というか雑味というか、それをそのままに終わる感じが良い。こんな時代だからこそ、フィクションならではの勧善懲悪っていいよね、などと読後にほわほわと考えが浮かんだり消えたり。
前作「氷菓」ではアニメの印象を色濃く引きずっていたが小説版が馴染んできた。この調子だと続巻はすぐに読んでしまうだろうなあ。

2015/07/03 読了。

読者

Icon user placeholderC5cc27af c18c 4713 a0d0 574ca7d85503Icon user placeholderH4vpnusd normalBc730415 dcd6 4ca0 945c 6c3e496d8a5dJaylsorg normal406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97Icon user placeholder 62人

米澤穂信の本

リカーシブル

リカーシブル

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

帯の「ボトルネックの感動ふたたび」が意味わかんね。あれ、感動する系の話じゃないでしょ。 お話的にも、続編的な話なのかと思ったら関係なかった。こういう煽りホントにやめて欲しい。 萎びた田舎町に引っ越してきた訳ありのヒロイン。 町が抱えるとある秘密に気付いてしまう。 中学一年にして人生ハードモードに突入したヒロインの、力強さが印象に残る。

3か月前

8omvkcyv normalIcon user placeholderFd2ec159 599a 48a9 b2e6 c652d423de7e 29
巴里マカロンの謎

巴里マカロンの謎

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

11年ぶりの「小市民」シリーズ。 小鳩くんと小佐内さんにまた会えて嬉しい。 時系列的には一年生の9月から1月まで。 つまり 春期限定 一年生の春 巴里マカロン 一年生の9月〜1月 夏期限定 二年生ほど夏 秋期限定 二年生の秋から三年生の秋 といった、時系列になります。 夏期限定の前なので、まだ気軽に読める時期ですね。 いちおう連作短編形式だけど、バラで読んでも問題なし。 長年のファンとしては「秋期」のその後、「冬期」を待ちわびているので、米澤穂信先生ホントにお願い致します。

5か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 17
秋期限定栗きんとん事件 下

秋期限定栗きんとん事件 下

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

「小市民」シリーズ第三弾の後編。 ミッシングリンクの処理が良い。我鍋に綴じ蓋。「体温上がる」一作でホントこの二人大好き。 マロングラッセと栗きんとんの比喩が好き。続編を待ち続けて幾星霜。『巴里マカロン』が出たけど、時系列的には前の話なのかな? 冬期が出るとするなら、二人を「すり潰すような強キャラの登場が必須だと思う。

6か月前

8omvkcyv normalIcon user placeholder86c41bab 0380 4801 97c4 fd3b076279db 21