51dcyo6gm5l

ある日突然、銃を所持した超能力者(らしい)二人組に拉致された町田瞬。彼らは組織の命令で、危険な能力を持つ(らしい)瞬を殺しに来たのだという。その能力とは、... 続き

コメント

超能力者のお話。とても軽快で読みやすく、面白い。新しい感覚だったな。

軽いタッチで描かれる、超能力エンターテイメント小説。
解説に書いてある通り
超能力者はうじゃうじゃ出てくるけど、
実際に超能力は使われないというところが
また面白い。
作者がまた新作を出されたら、ぜひ読んでみたいと思いました。

設定もストーリーも面白いし、斬新。
軽めの文体だったが、もう少し粘り気のある感じでもいいなあ。

一気に読みきりました。
主人公の超能力のせいで、読んでいる私たちも1度も超能力の見ることはない不思議な感覚の超能力ミステリー。二作目期待しちゃいます!

クセのある登場人物ばかりなのに
クセの部分がまったく生きない不思議な話。
ミステリー部分も面白い。

読者

733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac763975fe 96d4 4bf4 b507 10749544f460540d83f1 f93b 40b0 825c 8b85e7705a66C1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e43f10325b 249d 4bf9 809a 0c01f5c7460b71f5dcbb ee54 4b2a 8e89 07db9848f21dIcon user placeholderD72a3222 91f0 40ad b34d 2642e29c3ad7 32人

文学

舌の記憶

舌の記憶

5c37b4b4 e3ce 4812 94b5 4e7411cda051

いのり

トライポフォビア

幼い頃の朧げな記憶 だけど、食べ物だけは色鮮やか 舌の上で記憶を思い出させる ほんの少し、切なくて寂しくて 泣きたくなるような舌の記憶 個性的な女優の叔母と俳優の叔父 儚げで優しい母との4人暮らし 普通とは少し違う幼少期を過ごした 著者の食べ物を通した思い出の回想録

約5時間前

日本橋檜物町

日本橋檜物町

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

Shun

普段は帰宅後に、休みの日は散歩し…

昭和10年代、著者晩年の頃(享年54歳)書かれた画文集。「個性を描出することには興味が持てないのです」という著者が人物を描く時に何を目指していたのか、はっきりと宣言されます。東京美術学校の学生だった頃を中心に上野・浅草・木場などでの思い出が書かれた前半、泉鏡花などとの思い出が書かれた後半に分かれていますが、前半がいい感じです。最初と最後に収められた文章中のそれぞれに鮮烈な情景が、あるものによって見事に響きあっていて、ぞくっとさせられました。

約8時間前

おいしい記憶

おいしい記憶

Icon user placeholder

ひで

とある会社のIT担当者です 釣…

読んでいて、お腹が空くという感じまではいかなかった。珍しい人の文章が読めるので、興味を持って読み進められた。

約14時間前

Icon user placeholder2ac06068 6e11 4f1b bfe1 9bcfd18b6f0f89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e