Btn appstore Btn googleplay
516swqxo5zl

人間砂漠といわれる現代にあり、こそが、われわれに最も貴重なオアシスだとして、その理論と実践の習得をすすめた本書は、フロムの代表作として、世界的ベストセラー... 続き

コメント

頭の中を言語化されているようで、読んでる間終始不思議な気分だった。怖いような、ムカつくような。

愛は美しいものじゃない、ほんとは痛みも苦しみも伴うものだとずっと感じてきてたのに、あっさり言語化されちゃった。

わかってくれる人に出会ったことないけれど、これがわたしの愛の真実。

【愛し方なんて】
書物で教わるものじゃないと思ってた、この本を読むまでは

#本結

愛は技術であり、一時の感情や、対象や、自分が愛されるかどうかということは問題ではない。愛を育むには、まず人に与える喜びを知り、自分から愛することを始める必要がある。そして、そのために自分が精神的に自立している必要がある。自分の心の成熟と愛の深さは比例する。

愛は技術であるという言葉が印象的。また読み返したい本。

すぐには消化できなくて、これはどういうことだ?っていうこともたくさん書いてある。そのひっかかりをもったまま生活していると、あぁこういうことだったのか!と腑に落ちる場面に出くわすようになる。それが楽しい。

愛は技術なのか…
具体的な学び方には触れてはいないのがもどかしい。

技術というなら語らねばいけないと思う

原題は愛の技術
幸せになる勇気から飛んできた
愛することは感情ではなく技術であるという前提のもと
その人間の実存にとっての愛することの必要性や具体的に愛することができるようになるための修練の仕方まで書かれている。
愛されることばかり考えてきた自分にとっては衝撃だった。
これからは愛する人生を選びたい。

何度も読み直す価値のある本。精神分析のくだりが面白かったので他の著書も読んでみる。

読み終わりました。
今の私には難しすぎて、少しも理解できた気がしないです。これからもっと人生経験を積む中で思い出し、その時始めて腑に落ちるのか落ちないのか、、

「愛の技術を身につけるためには、客観的であるよう心がけなければならない。」
「『信じる』ことの習練が必要」

大人になれば分かると思ってたけど、意識的・能動的にならなければ習得せずに死んでいく気がする。

愛に関する3つの誤解
•愛に対する関心が、「愛される」の問題であること(「愛する」という問題ではない)
•愛に対する関心が、「対象」の問題(なにを愛するか)であること(「能力」の問題(どうやって愛するか)でない)
‥封建社会においては恋愛の対象は予め決まっていたので、決まった相手をどうやって愛するかが重要だった。
↔ロマンティックラブがうたわれる現代においては誰を愛するかがまず重要になっている
•「恋に落ちる」という第一段階と、「愛に留まっている」という次の段階を混同している

愛するということが現代社会において、いかに困難であるかということが、ひしひしと。はっきり言って、無理なんじゃないか、と思えてくるが、あまり考えずに、動くしかないね。動けなくなるのがまずいよね。しかしこの本の対として紹介される、「悪について」は何回か読んだが、なんで対として解釈されているのかがよくわからないので、「悪について」をもう一度読もう。あっちは難しいんだよね。

■まとめ
愛する、というのは行為であり、
その行為は能動的なものである。
従って、自らがその行為を遂げるためには
そのための技術が必要である。

その技術とはすなわち
成熟した人になり、他人に与えること。

■感想
面白かった。

なんかハマった。けど細かくて面倒くさい

なんかいも、時々読んでます。

愛について、深く洞察するキッカケになる。

それと同時に、自分には足りない「愛」についての技術というか、底の深さを自覚させてくれる。

また、10年後とかに読み返したい。

愛について脳天から雷を落とされたような衝撃を受けた本。夫婦の仲がぎこちなくなった時に出会い救われた本。愛し方や愛され方がわからなかった自分にとって愛は技術であり鍛錬が必要なことを教えてくれた本。さまざまな発見があり、その時々で深く考えさせられる、人生の要所で読み返してみたくなる本。

読者

875c4541 5b9d 49cf 8529 d1820f8e97c4Dd15e820 db42 44ad 9f27 88f6fce2f87c5d18af28 0dce 48f0 9884 654130010f92Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder24edcb82 fde3 4a8f a8e4 b1c9601ab06aIcon user placeholder 178人

エーリッヒ・フロムの本

悪について

悪について

C15a8782 9534 4cb0 b5eb 5083ea7575c2

salute_salute

チェーンではない街角の古書店、友…

「愛するということ」と併読してみようと入手したまま積ん読中。夏までに読み終われるといいな。。

約5年前

Daa0a7b8 9d45 400b 953e c54a388ba659C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3b6a0cf6d1 4250 4395 868e 3818242048a5
自由からの逃走 新版

自由からの逃走 新版

57f9f83e 3e2e 4aaf b20e 73bc25b43dbd

エリカ / erika yonezawa

墨田区のライター

自由論の次に読んだ。この頃は自由主義とか新自由主義を整理したくて読んだ。

約5年前

4207709b f77a 41a8 a12b e329c0275d223bdd9fe2 4cf5 4c23 97bd 8dc3a486278dIcon user placeholder 20